【グラミー賞】受賞の気鋭プロデューサーRAC、ロスタム参加の新曲を公開

写真拡大

 インディーからメジャー・アーティストまで、これまでに錚々たるアーティストのリミックスを手がけ、本年度の【グラミー賞】で最優秀リミックス・レコーディング賞を受賞した注目のプロデューサー、RAC(アール・エー・シー)が、ヴァンパイア・ウィークエンドの元キーボーディストで、全アルバムのプロデュースを手掛けたロスタム・バトマングリ参加の新曲「This Song」を発表した。

【関連画像】

 ポルトガルに生まれ、現在はアメリカのポートランドを拠点に活動するプロデューサー、RAC(アール・エー・シー)ことアンドレ・アレン・アンホス。大学時代からRACとしての活動をスタートし、これまでにU2、ニュー・オーダー、レディー・ガガ、キングス・オブ・レオン、ラナ・デル・レイ、エリー・ゴールディング、フォスター・ザ・ピープル、フェニックス、イマジン・ドラゴンズ、トゥー・ドア・シネマ・クラブ、ヤー・ヤー・ヤーズ、デス・キャブ・フォー・キューティー、シンズなど錚々たるアーティストのリミックスを手がける。

 2016年にはオデッザ「Say My Name」のリミックスで【グラミー賞】にノミネート、そして本年度の【グラミー賞】では、ボブ・モージズ「Tearing Me Up」のリミックスで<最優秀リミックス・レコーディング賞>を受賞。ポルトガル人として初めての【グラミー賞】アーティストとなる。

 インディー・ロック〜エレクトロ〜EDM〜ポップ・ミュージックまであらゆるジャンルのアーティストから絶大な信頼を獲得し、2012年からはオリジナル作品のリリースもスタート。ソングライターとしての才能を開花させた2014年のデビュー・アルバム『Strangers』には、ブロック・パーティのケリー・オケレケやEDM界を代表するヴォーカリスト、マシュー・コーマらが参加。これまでに【コーチェラ】や【エレクトリック・ズー】、【ロラパルーザ】といった大型フェスに出演するなど、ライブ・アクトとしても今最も注目を集めるプロデューサーの一人となっている。


◎「This Song ft. Rostam」リリック・ビデオ
https://youtu.be/LcA0RmXnWhU

◎リリース情報
「This Song ft. Rostam」
RAC
2017/04/05 RELEASE
http://apple.co/2oVzLLR