「2日休めば9連休!」 2017年ゴールデンウィーク理想と現実(マクロミル調べ)

写真拡大 (全8枚)

ゴールデンウィークまで1か月を切ったところ。カレンダー通りの勤務の人は、なか2日間を休めば最大9連休となる。働く人の今年のお休み予定の実態は? また理想の連休日数や過ごし方など、本音とは?働く男女1,000人に調査した。

【1】最大で何連休? 「5連休」が最多で54%、「9連休以上」は15%。 平均は5日連休
今年のゴールデンウィークは5月1日(月)・5月2日(火)の2日間を休めば最大で9連休。今年は休みが取れないという人も含め、社会人の人に最大で何連休できそうか予定を聞いたところ、最多は「5連休」で54%だった。また、5月1日(月)・5月2日(火)やゴールデンウィークの前後など、カレンダー上で平日となる日に休みを取るなどして“9連休以上にする人”は15%だった。

【図】 2017年ゴールデンウィークの連休日数
<ベース:ゴールデンウィーク期間(4/29〜5/7)もしくはその前後でお休みがある人 / n=854>


【2】理想では「9連休したい」が約6割でトップ。「5連休」できれば十分という控えめな人も2割
ゴールデンウィークに休みが取れないと回答した人も含めた社会人全体に、ゴールデンウィーク期間中(4月27日〜5月7日)における理想の連休日数をたずねると、最多はやはり最大の“9連休”で58%、次いで“5連休”が20%だった。それぞれの回答理由は、“9連休”は「海外旅行に行きたい」「まとまった休みでリフレッシュしたい」、“5連休”は「カレンダー通りで十分」「休み過ぎるとリズムが狂う」、また“連休はいらない”という2%の人は「仕事で休めない」「配偶者と過ごしたくない」などを理由としてあげている。

【図】 2017年ゴールデンウィークの“理想の”連休日数
<ベース:全体 / n=1,000>


【3】平均予算はひとり当たり3万6,058円、男性は30代、女性は他世代を大きく引き離し20代がそれぞれトップに
今年のゴールデンウィーク(4月29日〜5月7日)にいくらくらいお金を使う予定かを聞いたところ、平均予算はひとり当たり3万6,058円で、また3人に1人は1万円未満に抑えようと考えていることも分かった。

性別・年代ごとに見てみると、男性のトップは30代で「4万6,602円」、女性のトップは20代で「3万4,129円」だった。

【図】 2017年ゴールデンウィークの消費予想
<ベース:全体 / n=1,000>


【図】 2017年ゴールデンウィークの消費予想(性別、年代別)
<ベース:全体 / n=1,000>


【4】ゴールデンウィークの“お出かけ率”は83%、引きこもり派の3大理由は「混雑が苦手」「疲れた身体を休めたい」「金欠」
ゴールデンウィーク(4月29日〜5月7日)に出かける人は、全体の83%だった。一方で、ゴールデンウィークに外出は一切しないという人も17%いて、その理由をたずねたところ、最多は「混雑が苦手だから」64%、次いで「疲れた身体を休めたいから」49%、「金欠で節約が必要だから」26%と続いた。

【図】2017年ゴールデンウィークの外出率(性年代別)
<ベース:ゴールデンウィーク期間(4/29〜5/7)に休みがある人 / n=846>


【図】 ゴールデンウィークに外出をしない理由
<ベース:ゴールデンウィーク期間(4/29〜5/7)に休みがあるが、外出はしない人 / n=144(複数回答)>


■調査レポートまとめサイト/HoNote(ホノテ)

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・アナログとデジタルが融合した新感覚知育玩具「ブロクセル」を4月上旬より発売
・2017年度も石原さとみさんが出演! 東京メトロ「Find my Tokyo.」の新CMを発表
・どこでも眠れるあなたにぴったりな快眠姿勢が見つかるトラベルピローを発売
・位置ゲーム「駅メモ!」のカメラアプリが登場
・定年退職を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ企画「THE LAST TRAIN」を実施