BREAKERZと超特急が集合記念写真

 
 今年7月にデビュー10周年を迎えるBREAKERZが2日、愛知・Zepp Nagoyaでツーマンライブイベント『BREAKERZ 10周年 10番勝負 -VS-』第6戦目をおこなった。対戦相手は、7人組ダンスグループ超特急。「メインダンサーバックヴォーカルグループ」を名乗る超特急とJ-ROCK界の風雲児とも言われるBREAKERZ。芸能界とJ-POP&ROCK界を縦横無尽に渡り歩く2組のまだ見ぬ異色のバトルマッチとなった。

 今宵もまた男前グループ2組の共演とあって、満員の会場内は女子率ほぼマックス。定刻きっかり、このバトルライブですっかりお馴染みになったスカルの映像MCが高らかに開戦宣言。すると暗転して電車の発車音&荘厳なるオーケストレーションのSE、間もなくサウンドが一転、EDMな4つ打ちに変化、それが途切れた瞬間、バックライトに浮かぶ7人のシルエット、超特急の登場だ。

 会場中が色とりどりのペンライトで埋め尽くされている。それもそのはず、超特急のメンバーはカラー別に、1号車コーイチ(黒、Vo)、2号車カイ(青、ダンサー以下D)、3号車リョウガ(紫、D)、4号車タクヤ(緑、D)、5号車ユーキ(赤、D)6号車ユースケ(黄、D)、7号車タカシ(白、Vo)と役割分担が決まっているのだ。

 そして、その鮮やかなペンライトをかざしているファンを彼らは8号車と呼び、自らのグループの一員としてチームを作っているというわけだ。オープニングからきらびやかな場内、しかし今夜の超特急の衣装はBREAKERZとの戦いを意識してか全員がロックテイストな黒で統一。インナーはこの日のコラボグッズTシャツ、手にはDAIGOばりにロック手袋まで装着という念の入りようだ。

 そんな彼らが1曲目に持ってきたのは、リリース目前のピッカピカの新曲「超ネバギバDANCE」。BPM高めのビートに乗って、センター5人がキレッキレのダンスをビシバシ繰り広げ、後方左右でコーイチとタカシがボーカルを務める。そう、超特急は今まで既存のグループでは当然だったメインボーカルがセンターで、その周囲をダンサーが取り囲むといったタイプのグループではない。あくまでメインはダンサー5人、そこにボーカルが彩りを添えるといったニュージェネレーション・スタイルなのだ。「次の壁も破りたい」と歌うがごとく彼らのダンスもクールかつコミカルな要素も1曲内にあり、しかもダンサーのセンターもどんどん移り変わるスタイル。スピーディーかつ斬新、人の目を釘付けにさせる魅力に溢れている。

 そして、またコーイチとタカシのボーカル力も確かなもの。このグループの実力にはわずか1曲目にしてTEAM BREAKERZの心も虜にしたに違いない。

 間髪入れずユースケが「いっちょやりますか〜」と叫び、曲はさらに速さを増したビートの「バッタマン」へ。シリアスとパロディーを折り重ねたようなカンフー歌謡ナンバーは、もはや超特急ならではの独壇場。目を丸くする間もなく弾丸のようなダンスとグルーヴの波が途切れないユーロディスコ調の「Drive on week」へ。まるで最初から絶頂クライマックス連続の展開、これはものすごい運動量だ。そしてZepp Nagoyaはすでに巨大なダンスフロアへと変貌していた。

 黄色い歓声の中で3曲を終えて初MC、リョーガがまず「BREAKERZの皆さん、10周年おめでとうございます」と口火を切った。雑談めいた7人の会話の中でもメンバー間とファンとの距離の密接さ、そして礼儀正しさが際立つ印象、さすがにこの辺り全員が20代前半とは言え、芸能界で鍛えられているショーマンシップが発揮されていた。

 「2ndアルバム『Dramatic Seven』のリード曲です。手でハートを作るだけのふりつけなので皆さんも一緒に」と紹介されたのは「Seventh Heaven」。この曲もオープニングは悠久の時を感じさせるドラマティック&メロディー豊かなナンバー、ここでのダンスはまるでミュージカルのそれだ。それが中盤から突如、エレクトロなサウンドに変貌するそのプログレッシヴな展開、そこでオーディエンスとハートの振付で一体となり、エンディングで決める止め技、そしてたたみ込むように彼らの代表曲でもあるこれまた4つ打ちグルーヴなポジティヴナンバー「Kiss Me Baby」。ハートビートが止まらない。

 2度目のMCではクールダウンしてメンバーがDAIGO節=DAI語を連発。和ませたところで突如、BREAKERZ「幾千の迷宮で 幾千の謎を解いて」の曲とともにコナン衣装を着たタクヤが躍り出した。そう、彼はこの曲のMusic Clipに実際にコナン役で出演していたのだ。

 そんな両者の接点も披露しつつ、続いては「BREAKERZの皆さんにこの曲を届けたい」というその一心で「Yell」へ。バラード調、王道のハートフルなJ-POPソング、さすが超特急、振り幅の広い素晴らしい楽曲ばかり。もちろんコナン姿でセンターを飾るタクヤの姿も印象的な1曲だった。

 ホッと和んだのもつかの間、「それでは行きましょ〜か!」のかけ声と共にまたもやハイテンションな「越えてアバンチュール」。ディストーションギターとロックグルーヴ全開、歌謡メタル&ラップも“ごった煮”のサウンドがもの凄いテンションで迫ってくる。「最後まで盛り上がって行くぜ!」とジャケットを脱ぎ捨てた7人が明るくポジティヴなナンバー「Burn!」で限界を振り切る。さらにここではDAIGOのお家芸、うぃっしゅポーズの応酬で会場と一体になって披露。その連帯感を最後までキープして最終曲「fanfare」へとなだれ込む。会場中をアタマから最後まで飽きること無く興奮のるつぼへと落とし込んでいったそのエンターテインメントの権化(ごんげ)のようなステージング、アゲアゲのショーマンシップは、新世代のスターの登場を予感させてくれた。

 さぁ、そしてこのバトルライブの仕掛け人、続いては迎え打つBREAKERZの登場だ。

 いつものようにSEに導かれておもむろに登場するメンバー。だが、今夜はいつも以上にド頭から気合いが入っている。オープニングに激しいギターサウンドのアップな曲をもってくるのは常套手段だが、さすがに一回り以上も年齢差のある若手のエネルギーに触発されたのか、今夜は鋭く激しくワイルド感が増していた。

 「今日はCTK、超楽しんでキラキラ行こうぜ!」というDAIGOの言葉が裏付けるように、今日はビート感溢れるナンバー、さらに大人のBREAKERZならではのセクシーな情熱が溢れ出るナンバー、そしてもちろんバラードもありと、余すところなくバンドサウンドの魅力を伝えていく。ロックがもつ骨太いサウンドときわどい演出、そしてワイルドな佇まい…、詳細を伝えられないのが歯がゆいが、今回の10番勝負では毎回、BREAKERZ側はセットリストを変更、また気の利いた演出も随所に施されている。何度足を運んでも必ずサプライズがある、その日限りのプレミアムライブの看板に偽り無しのセットリスト&MC、その姿勢を貫いて双方のファンを納得させる10年選手のBREAKERZの力量も相当なものだった。

アンコールで双方の楽曲を全員でコラボレーション

 中でも特に注目は、やはりアンコールで双方の楽曲を全員でコラボレーションし合うコーナー。ここではお互いのファン垂涎の状況が再現されているのは間違いない。

 今宵はまた見るからにしてステージのセッティングも興味深い。両脇にBREAKERZの楽器隊が分かれ、センターは超特急のダンス・スペースとして空いている。そこでまずは超特急のナンバーから「Beautiful Chaser」。サビ部分でのコーイチとタカシ、DAIGOによるトリプルVoは、グットくる聴き応え有り。そして、ダメ押しの最終曲はBREAKERZ曲「SUMMER PARTY」。夏にはまだ少し早いけれどそのひと夏の仲間達の青春を詰め込んだような、和気あいあいの仲睦まじさがそのステージにはあった。最後に全員をお立ち台に乗せてジャンプするDAIGO。いやぁ、本当にライブって良いですね(笑)。

 このBREAKERZ 10周年 10番勝負も残すところあと4本、まだまだ強力な対戦相手が控えている。アーティスト同士が、お互いをリスペクトし合いながら綴っていくこのVSライブ。毎回、一夜だけのプレミアムライブにしておくには勿体なさ過ぎると感じているのは、そろそろ僕一人だけではなさそうだ(笑)。次回はこの勝負初の女性アーティスト、倉木麻衣。こちらの戦いにも注目したい。

文=斉田 才

撮影=新澤和久,MASA