米著名投資家ウォーレン・バフェット氏のイラストが描かれたチェリーコークのボトル。中国・北京のコンビニエンスストアで(2017年4月5日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米飲料大手コカ・コーラ(Coca-Cola)は、米著名投資家で富豪のウォーレン・バフェット(Warren Buffett)氏(86)のイラストが描かれた「チェリーコーク(Cherry Coke)」を中国で販売すると明らかにした。その優れた手腕から同氏は中国で伝説的な名声を得ている。

 チェリー味のコカ・コーラ(Coca-Cola)はバフェット氏の大好物で、3月10日に中国で販売が開始された。

 バフェット氏が最高経営責任者(CEO)を務める投資会社バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)は、コカ・コーラの株式の9.3%、評価額約170億ドル(約1兆9000億円)相当を保有し、最大株主となっている。

 バフェット氏は投資・マネーの総合情報サイト「ヤフー・ファイナンス(Yahoo Finance)」に対し、販促のために期間限定で使用される自身のイラストについて「報酬はゼロなんだ」と述べている。

 バフェット氏がチェリーコークを飲む姿はたびたび写真に撮られており、コカ・コーラのムーター・ケント(Muhtar Kent)CEOから「最も有名なファン」という称号を与えられている。

 バフェット氏はビジネスに対する優れた洞察力から中国でも有名で、昨年に米ネブラスカ(Nebraska)州オマハ(Omaha)にあるバークシャー・ハサウェイの本社で行われた年次総会には、数千人の中国人投資家が出席したと報じられている。
【翻訳編集】AFPBB News