先生は何でもお見通し (C)MMXVI STX Productions, LLC.
All Rights Reserved.

写真拡大

 米若手女優のヘイリー・スタインフェルドとウッディ・ハレルソンが共演する「スウィート17モンスター」の本編映像を、映画.comが独占入手した。スタインフェルド扮する思春期真っただなかで暴走する主人公が、教師に「これから自殺する」と宣言する印象的なシーンが収められている。

 映画は、青春をこじらせている女子高生と、大人になりきれない大人たちの葛藤をユーモアたっぷりに描いた。人気者の兄にコンプレックスを抱く冴えない女子高生ネイディーン(スタインフェルド)は、憧れの人への思いと妄想が空まわりし、教師のブルーナー(ハレルソン)や母親のモナ(キーラ・セジウィック)を困らせてばかりいる。そんなある日、たったひとりの親友クリスタ(ヘイリー・ルー・リチャードソン)が兄と付き合い始めたことが発覚し、追い詰められたネイディーンはとんでもない行動に出る。

 映像は、ブルーナーがひとり教室でランチをしているところに、ネイディーンが突撃するところからスタート。ネイディーンが「たぶん陸橋から飛び降りてトラックにひかれる」「即死がいいの」と自殺計画を早口でまくし立てるも、ブルーナーは落ち着いた口調で「実は先生も遺書を書いていたところだ」と切り返す。「俺がこの学校で楽しい時を過ごすのは昼休みの32分だけ。その貴重な時間さえたびたび邪魔される。それも奇抜な服の生徒に」とネイディーンを揶揄した即興の遺書を読み上げ、ネイディーンを激怒させる。

 実行するつもりのない自殺計画を、あえて教師に打ち明ける“かまってちゃん”のネイディーン。ブルーナーの想定外の反応に苛立ち、「私を止めないとクビだよ」と脅すものの、「望むところだな」とまったく相手にされない様子が笑いを誘うシーンとなっている。

 「スウィート17モンスター」は、4月22日から公開。