「ながら」で使える光美顔器「レイボーテ SAKURA」

写真拡大

 ビックカメラとヤーマンは、共同企画開発した光美顔器「レイボーテ SAKURA」を4月3日に発売した。ビックカメラ、コジマ、ソフマップの各店舗とオンラインショップで販売するビックカメラグループ限定モデルで、税別価格は6万9800円。
h2>●自動照射で「ながらケア」を実現、1台4役の最上級の光美容器

 「レイボーテ SAKURA」は、自動照射機能付きのローラーヘッドを搭載し、すばやく、簡単に、ムダ毛のケアができる光美顔器。持ち手の部分を握りやすくしたり、ヘッド部分を肌にあてやすい角度に調節したりと、形状デザインから機能まで共同で開発した。桜をイメージした優しい色合いのカラーにもこだわった。

 照射面積は、レイボーテハンディシリーズの中では最大となる6cm2で、ヤーマンが新たに開発した「肌色センサ機能」によって肌の色に合わせて照射レベルを自動で設定するため、安心して使用できる。

 ヘッド部分は交換でき、ムダ毛ケア用の「ローラーヘッド」、敏感肌用の「フェイス&ビキニヘッド」、冷却用の「クールヘッド」、美顔器として使える美肌ケア用の「フォトヘッド」の4種類のヘッドが付属。レイボーテハンディシリーズでは初めて用途別にヘッドを分け、各機能の面積を広げ、より効率よく、ムダ毛ケアや冷却、肌の引き締めができる。