「Noto Serif CJK」(Noto明朝フォント)

Googleは3日(米国時間)、日本語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語に対応する新しいフォント「Noto Serif CJK」(Noto明朝フォント)を発表した。

本書体のゴシック体「Noto Sans CJK」は2014年にリリース済みであり、今回の明朝体「Noto Serif CJK」のリリースで明朝体とゴシック体が出揃うことになった。

セリフスタイルのCJKフォントは、かつて木に文字を刻んでいた頃の名残で、文字の横方向は細く、縦方向は太いという特徴を持つ。さらに、横線の末端上部にうろこと呼ばれるセリフ(飾り)を付け、中国の書道・楷書的な美しいデザインが特徴だ。

左が今回リリースの明朝体

ウェイト(太さ)はエクストラライトからブラックまで7種類。各字数は6万5535で、合計すると約50万の字数を誇る。

ウェイトの比較

また、縦書きにも対応し、「ッ」などの小文字の位置の変更や、「()」などの記号の回転なども実行される。

縦横に対応

フォントは、オープンソースのフリーフォントであり、Google Noto Fontsから無料ダウンロードできる。

 

発表資料

URL:https://developers.googleblog.com/

 

Google Noto Fonts

URL:https://www.google.com/get/noto/

2017/04/05