北朝鮮の労働新聞は5日、「朝鮮半島で無分別にのさばる侵略者、挑発者は無縁仏の境遇を免れられない」とする署名入りの論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「われわれには、米国をあっという間に壊滅させられる強力な力がある。世界で『絶対兵器』として通称されている水爆をはじめ多種化、多様化、軽量化されたさまざまな核兵器があり、朝鮮式の威力ある運搬手段も保有している」と主張。

また、「もし、米国がわれわれをどうにかしてみようとして少しでも動けば、いささかも躊躇せず強力かつ威力ある先制打撃で南朝鮮にいる侵略軍だけでなく、その本拠地までも灰じんにつくるというのがわれわれの立場である」と述べた。

さらに、「米国に再度警告するが、われわれの白頭山革命強兵の威力ある攻撃手段は南朝鮮と太平洋作戦地帯内の米軍基地はもちろん、米本土までも打撃圏内に入れており、恒常的な発射待機状態にある」としながら「ボタンを押すと飛んでいくようになっており、米国はそのまま打撃を受けて灰じんになるようになっている」と強調した。