EXID、ニューアルバムの収録曲「Velvet」KBSで放送不適格判定…“歌詞の修正予定はなし”

写真拡大

EXIDの新曲「Velvet」がKBSから放送不適格の判定を受けた。EXID側は「歌詞の修正予定はない」と述べた。

EXIDの所属事務所BANANA CULTUREエンターテインメントは本日(5日)、10asiaに「『Velvet』が放送不適格という判定を受けた。『Velvet』はLEのソロ曲だ。この曲で放送活動はしない予定だ。そのため歌詞の修正予定はない」と伝えた。

KBS歌謡審議は、EXIDの3rdミニアルバム「Eclipse」の収録曲「Velvet」に対し放送不適格の判定を下した。歌詞中、罵言や卑俗語を連想させる単語が含まれていたというもの。KBS側は「“SIP”を翻訳すると“ちびちび飲む”となるが、発音の強さや内容を考慮すれば、卑俗語と判断される」と説明した。

「Velvet」を除いたタイトル曲「昼よりは夜」、「Boy」「How Why」「牛乳(ハニのソロ曲)」の収録曲は、放送適格判定を受けた。

EXIDは10日、ソルジを除く4人でカムバックする。