皿の中央に盛られているのが「フムス」

写真拡大

海外セレブの間で人気のスーパーフード「フムス(Hummus)」の専門店「Vege Stand」が、東京・新宿マルイ本館地下1階に2017年4月26日オープンする。

中東・インドでは古代からポピュラー

フムスは、ひよこ豆をペースト状にした中東・インドの伝統料理だ。低カロリーなのに栄養価が豊富。食物繊維やビタミン、ミネラル、不飽和脂肪酸、そしてレジスタントスターチといって脂肪燃焼効果のあるヘルシーな糖質がふんだんに含まれている。

食べ方はパンや野菜につけるのが一般的だ。レディー・ガガやローレン・コンラッド、アン・ハサウェイといったセレブがダイエットの一環として食べていることが知られてから、ニューヨークやロサンゼルス、ロンドンを中心に愛用者が続出しているという。

「Vege Stand」で提供するフムスメニューは、「野菜スティック&フムス」(450円)、「トルティーヤチップス&フムス」(450円)、「季節のサラダ&フムス」(700円)。いずれも欧米のセレブが口にしているのと同じスタイルで、フムスはプレーン・バジル・ペッパーなど日替わりで3〜4種類を用意する。

美容やダイエット目的の人だけでなく、料理づくりが趣味の人も「Vege Stand」はチェックすべし。日本人にはなじみのない味だけに、インスピレーションが得られるかも!?

営業時間は7時から21時まで(日・祝は20時30分まで)。新宿マルイ本館は地下鉄各線の新宿三丁目駅に直結している。朝夕の通勤途中に立ち寄ってもいいし、勤務先や学校が近くなら昼食として買いに行ってもいいだろう。