ティアック、業務用ソリッドステートオーディオレコーダーSS-R250N/SS-CDR250N用リモートコントロールアプリケーション「TASCAM SS250 CONTROL」を公開

写真拡大

ティアック株式会社は、TASCAMの業務用ソリッドステートオーディオレコーダー「SS-R250N」「SS-CDR250N」用リモートコントロールアプリケーション「TASCAM SS250 CONTROL」を公開した。同アプリケーションはiOS/Android/Windows/Macに対応しており、iOS/Android版は4月5日、Windows/Mac版は4月12日より同社Webサイトから無償でダウンロード可能。

iOSデバイスを有線接続する例

TASCAM SS250 CONTROLは、SS-R250N/SS-CDR250を有線LANまたはWi-Fiルーター経由で接続し、リモート操作が可能なアプリケーション。Wi-Fi経由の場合は、外部にWi-Fiルーターを設けてSS-R250N/SS-CDR250N本体とiOS/Androidデバイスを同一ネットワーク上に接続することで、SS-R250N/SS-CDR250Nのトランスポートコントロール、メニュー設定及び状態監視が可能となる。TASCAM SS250 CONTROLの主な特長は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

  • SS-R250N/SS-CDR250Nのリモートコントロール、メニュー設定、状態監視が可能
    >トランスポートコントロールが可能
    録音、再生、トラックスキップ、早戻し/早送りの基本操作
    MARK設定、MARKスキップにも対応
    >レベルメーター搭載。録音・再生レベルの監視が可能
    >再生モード、リピートなどの再生設定を始め、各種メニューの操作が可能
    >アップロードやダウンロードなど、サーバーとのやり取りの動作モニターが可能
  • 本体の設置場所にとらわれずに監視、リモートコントロールが可能
  • Wi-Fi経由、または本体Ethernet端子にLANケーブルで接続する事でリモートコントロールが可能
  • アプリケーションでの誤操作を防止するパネルロック機能を搭載