4日、台湾の俳優チェン・ボーリンが、韓国ドラマ「モンスター」に国際犯罪集団の大物役で友情出演している。写真はチェン・ボーリン。

写真拡大

2017年4月4日、台湾の俳優チェン・ボーリン(陳柏霖)が、韓国ドラマ「モンスター」に国際犯罪集団の大物役で友情出演している。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

韓国の女優ソン・ジヒョとリアリティー番組で共演するなど、韓国での知名度を高めているチェン・ボーリン。俳優カン・ジファン主演のドラマ「モンスター」では、全50話のうち3話に友情出演している。

このドラマでチェン・ボーリンは、英語・中国語・韓国語を話し、アクションシーンにも挑戦。主演のカン・ジファンとの激しい格闘シーンも披露している。なお出演ギャラについては、1話につき150万台湾ドル(約550万円)と、第一線で活躍する人気スターに並ぶ高額だったことも伝えられている。

チェン・ボーリンは前述のリアリティー番組だけでなく、15年の中韓合作映画「壊蛋必須死」(The Bad Man Must Die)で女優ソン・イェジンと共演。同年、韓国の大手事務所と所属契約を結び、韓国進出に積極的な姿勢を見せている。(翻訳・編集/Mathilda)