スマートフォンのディスプレイのひびや傷に悩まされている人に朗報です。将来的にはこうした傷が自然に直るようになりそうです。

真っ二つに割れても24時間以内に修復

米カリフォルニア大学リバーサイド校(UCリバーサイド)の化学者らが、傷の自己修復が可能なスクリーン素材を開発しました。
 
同大学のチャオ・ワン氏らは実験を重ねた結果、引っかき傷やナイフでつけた切り傷だけでなく、半分に割った場合でも、24時間以内に完全に修復できることが証明できた、と述べています。
 
この新素材は伸縮性ポリマーとイオン性塩でできており、50倍にまで伸ばすことが可能です。イオンによる静電気力の影響を受けると、イオンと逆の負荷を帯びた部分が引き寄せられるイオン-双極子相互作用を利用して、傷を修復可能なのだそうです。

2020年には商品化される!?

現在でも、スクリーン用保護フィルムや、またLGのスマートフォン「G Flex」の背面に採用されているカバーのように、自己修復する素材は存在しています。しかしこれらは通電することができない、つまりタッチスクリーンとして利用できないため、スクリーンそのものに採用されることはありませんでした。
 
ワン氏はこの新素材はスマートフォンのスクリーンやバッテリーへの採用が期待されるとしており、2020年には商品化されるだろうと予測しています。
 
 
Source:Business Insider
(lunatic)