普通二輪免許で乗れるアメリカン(正式にはクルーザー)バイクってかなり少ないですよね。あっても中古ばかりでジャンルも偏ってる…。

そこに登場したのが次世代のクルーザーReble

ありがたいことにHondaのアメリカ・カルフォルニアで行われた試乗会に招待して頂き、一足先に乗ってきました!

こちらがReble300。日本では250ccになって発売される予定です。

事前に発表された時の広報写真よりもだいぶイメージが違うように見えます。

広報写真ではタンクが浮いているように見えたり、イマイチ造形の良さが伝わらなかった気がしますが、実車はかなりかっこいい!

小排気量のアメリカンって小さくて頼りない感じがしますが、レブルはサイズ感もいい感じ。頼りない感じはしませんでした。

いわゆる「アメリカン」の形とは一味違うスタイルですよね。でも渋さだったり、特有の美しさとかは消さず、上手くバランスを保っています。

エンジンはCBRがベースとなっていて、このバイクにあったセッティングに作りこまれています。なので割りとスポーティーな一面も。

クルーザーなのでポジションは楽々。ゆったりとした体勢で跨がれます。

こっちは500ccモデルのReble。基本的にはエンジン以外300と同じ仕様です。

Rebleはカラーバリエーションが豊富なのも魅力。

このカラーのバイクって中々見ませんよね。激しいカラーの割にアメリカの町に溶け込んでいました。

300は単気筒ですが、500は二気筒エンジン。次回紹介しますが、500と300が一緒だと思ったら大間違い。乗ってみると全然別物のバイクなんです。それぞれハンドリングも性格が違いました。

Rebleはカスタムしても楽しいバイク。

モーターサイクルショーでも展示されていましたが、発売前から数々のカスタムコンセプトが存在します。

これの面白いところは普通のカスタムショップによるカスタムもあれば、アパレルメーカーが考えたカスタムもあるところ!

ゴリゴリのバイク好きじゃなくても気軽にカスタムできてしまう、面白い一面を持ったバイクです。

サイクルショーで展示されていたモデルもそうですが、大きくパーツを変えなくてもガラッと雰囲気が変わるのも不思議なところ。

普通は雰囲気を変えるカスタムと言ったら結構お金がかかるもの。

純正パーツのマイナスと+αしただけで成立するバイクって世の中でもかなり珍しいはず。

初めてカスタムします!って人も気軽に触れ合えるバイクです!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

次世代アメリカン!日本発売目前の「Honda Reble(レブル)」にアメリカで乗ってみた!(http://clicccar.com/2017/04/05/459121/)