感慨の表情で作品愛を語った

写真拡大

 士郎正宗氏によるSF漫画をハリウッド実写化した「ゴースト・イン・ザ・シェル」の吹き替え版完成披露試写会が4月4日に都内で行われ、押井守監督によるアニメ版「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」、神山健治監督のアニメ版「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」シリーズに続き、本作の声優を務めた田中敦子が登壇した。

 テロ攻撃にあい全身を損傷し、脳とわずかな記憶を残して肉体が機械化された捜査組織“公安9課”の捜査官・少佐(スカーレット・ヨハンソン)が、上司の荒巻(ビートたけし)、相棒のバトー(ピルウ・アスベック)らと共にサイバーテロ事件の真相に迫る。吹き替え版には、田中のほか大塚明夫(バトー役)、山寺宏一(トグサ役)といった押井版・神山版の声優陣が再集結した。

 感慨の面持ちで「ただいま」と挨拶した田中は「素材のDVDと台本を照らし合わせて見たのが最初。ハリウッドはなんていうすごいことをしてくれたんだろうというのが第1印象でした。『攻殻機動隊』や押井監督へのルパート(・サンダース)監督の愛が止まらないという印象を強く受けましたね。シーンがとても似通っていますので、ダイブするシーンや光学迷彩で水辺で戦うシーンなど、アニメが浮かんできました。スカーレット・ヨハンソンさんは私よりも小柄な方ですが、画面で見る彼女の存在感の大きさはそれをまったく感じさせない。生身の肉体で生まれてるのかな、彼女こそ義体なんじゃと思うくらい細部にわたるくらい美しい。圧倒されました」と語る。「1つ驚いたシーンがあって、私と少佐の意外な共通点を発見しました。詳しくは言えないのですが、私がTwitterでよくアップする事柄が共通点。“あ、少佐も?”と共通点を見いだしましてウキウキしました」とほほ笑んだ。

 アフレコにおいては「大塚さん、山寺さん、イシカワ役の仲野裕さんと一緒に呼んでいただいて、朝から1日かけて録りました。(大塚や山寺は)兄貴のようなナイトのような存在。今までと同じようについていくことだけ考えれば、引き出してもらえると思って臨みましたね。山寺さんや仲野さんが出番じゃないときは椅子に座って待っていてくださるんですが、山ちゃんが『目を閉じてセリフだけ追いかけているとアニメが浮かぶな』と言ってくれたのがすごくうれしかった」といい、セリフにおいても「私たち“公安9課”が熟知していることを提案させていただきました。トグサは少佐には丁寧語を使ってきたから修正させてほしいとか、バトーが荒巻に“おやっさん”という呼びかけをするとか」と明かす。

 本作のアフレコを経て、「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」の製作時を思い出したといい「完成版に近く色がついて出来上がってる状態でのアフレコで、緊張するところもありました。ブレス(息継ぎ)に合わせてセリフを言えるかなとか、押井監督から『なるべく抑えて感情を表に出さないで』と演技指導もいただき、抑えたなかでの長ゼリフや感情表現が難しかったなと思い出しましたね」と振り返った。

 イベントでは、田中が「たけしさんが選考委員長を務められている東京スポーツ映画大賞の主演女優賞を草薙素子さんが受賞されています(第5回)」と豆知識を披露して会場を沸かせたほか、「ネットは広大だわ」というセリフを生披露し、会場は温かな拍手に包まれた。

 「ゴースト・イン・ザ・シェル」は、4月7日から全国公開。