写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ディズニーランド(千葉県浦安市)で5日、2020年春オープンを予定している大規模開発エリアの起工式が行われ、新たなイメージ画とともに施設の詳細も発表された。

開発エリアには、ファンタジーランドの新エリアとして「美女と野獣エリア(仮称)」、ライブエンターテインメントシアターがオープンするほか、隣接するトゥモローランドに『ベイマックス』をテーマにした新アトラクションとポップコーンの専門ショップ、トゥーンタウンにミニーマウスの新キャラクターグリーティング施設を導入。投資額は2パーク開園以来最大規模の750億円レベルを見込んでいるという。

○『美女と野獣』アトラクションで名シーン体験! 高さ30mの野獣の城も

ディズニー映画『美女と野獣』の世界を体験できる「美女と野獣エリア(仮称)」には、野獣の住む城やベルたちの住む村があり、映画の世界に入り込んだような風景が広がる。

高さ約30mの野獣の住む城には、『美女と野獣』をテーマにした日本オリジナルのライドアトラクションを導入。映画の名曲にあわせて動くライドに乗り、ルミエールやチップたちとの晩餐会など数々の名シーンを体験しながら、野獣の心の扉を開こうとするベルの冒険の旅を楽しめる。

ベルたちの住む村にはショップやレストランがオープン。ショップは、映画に登場するシーンや名曲をイメージして作られ、古い本が陳列されたベル行きつけの店をイメージしたショップなど、ベルズ・ビレッジ(ベルの住む村)の商人や職人たちの個性が反映された、趣の異なる3つのショップで構成される。レストランは、『美女と野獣』に登場するキャラクター、ガストンがゲストをもてなす素朴なタバーン(酒場)をイメージしている。

○TDLオリジナルのプログラムを公演! ライブエンターテインメントシアター

ライブエンターテインメントシアター(名称未定)は、東京ディズニーランド初の本格的な屋内シアター。クラシックなディズニー映画に登場する森をイメージしており、森の中へと誘われるような外観と、木で作られた劇場がテーマの内観が特徴だ。

このシアターでは、ディズニーキャラクターたちによる東京ディズニーランドオリジナルのエンターテインメントプログラムが繰り広げられる。定員は約1,500人。

○『ベイマックス』のアトラクション誕生! TDR初のポップコーン専門店も

トゥモローランドにオープンする『ベイマックス』をテーマにしたライドアトラクションは、ベイマックスが見守るなか、軽快な音楽に合わせて予測不能な動きをしながら回転するライドに乗って、ゲストそれぞれの"ケア・ロボット"と一緒にハラハラドキドキの体験を楽しむことができる。

アトラクションの隣には、両パークを通じて初となるポップコーン専門ショップがオープン。宇宙をテーマとしたこのショップでは、ゲストは好きなフレーバーとポップコーンバケットを組み合わせて、ポップコーンを購入できる。

○ファッションデザイナーのミニーに会える! TDL初のミニーのグリ施設

さらに、トゥーンタウンには、東京ディズニーランド初となるミニーのキャラクターグリーティング施設がオープン。ここでは、ファッションデザイナーとして活躍するミニーに会える。

ミニーのスタジオを訪れたゲストは、彼女のデザインスタジオや作業部屋を見学したり、道具に触れたりしながらフォトスタジオへ。そして、フォトスタジオでは、おしゃれなファッションに身を包んだミニーと一緒に写真を撮ることができる。

なお、同エリアのオープンに伴い、「グランドサーキット・レースウェイ」が今年1月11日をもってクローズ。「スタージェット」「スペースプレース・フードポート」「ライトバイト・サテライト」「ソーラー・レイズ・ライトサプライ」は今年10月10日をもってクローズする。

(C)Disney ※画像はイメージ。変更になる場合あり