写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トッパン・フォームズは、新車ヤードなどの広大な敷地における車両位置特定のため、長距離通信可能で高耐久性を持つロケーション管理用ICタグを開発したと発表した。トヨタ自動車 流通情報改善部に採用されたという。

この製品は各駐車スペースの位置情報をICチップのメモリー内に格納し、アスファルト上に設置する。アスファルト上で約1.2mの通信を実現し、独自の内部構造により、雨水の含浸や荷重に対する耐久性を向上しているという。

同社は、自動車業界を中心にUHF帯ICタグの利用検討している企業に向けて販売し、2017年度までに1億円の売り上げを見込む。

(丸山篤)