iPhone標準の通知じゃ用事を忘れてしまう!もっとしつこく用事を知らせてくれる「通知メモ2」

写真拡大 (全3枚)

iPhoneなどスマホで便利な機能にリマインダーがある。
リマインダーは、大事な用事や案件をメモしておけるアプリだ。
あらかじめ設定しておけば、時間前になると通知してくれる。
このリマインダーを使えば、用事の忘れや、遅れなど、ミスを未然に防ぐことができる。

筆者も、電話やメールの返信や、打ち合わせや取材時間の確認、請求書の作成など、やらなければならない用事や作業をミスなく処理するために欠かせないアプリとなっている。
仕事だけなく、プライベートでも家族から頼まれた買い物などを忘れないために利用している人も多いだろう。

しかし、iPhone標準のリマインダーの繰り返しは、もっとも短い設定で毎日(1日1回)だ。
それ以下の、たとえば、30分おきに通知してくれるといった機能はない。

これでは、せっかく通知が入っても、そのまま忘れてしまう可能性もある。

そこでお勧めのアプリが「通知メモ2」だ。
「通知メモ2」を使用すれば、リマインダーよりも、しつこく通知させることができる。

■「通知メモ2」を使ってみよう
「通知メモ2」は、物忘れを防げるリマインダーアプリだ。

本アプリを起動したら、「新しいメモを作成」をタップして、用件を入れよう。
ここでは、「モバイル商事 田中様に電話」と入れてみた。

通知の「繰返し」は、「通知なし」「1回」「10分」「15分」「30分」...「毎週」「曜日指定」「毎月」と、細かく設定が可能だ。
通知音は「なし」「短め」「長め」、スヌースは「なし」「1分」「5分」から、好みで選択ができる。




引き続き、「通知日時」「カラー」などを設定することができる。
「カラー」は優先順位や会社ごとに設定すると便利に使える。




あえて難点を挙げるとすれば、無料アプリなので、広告が表示される点だ。
しかし、「使い勝手のよいリマインダーを無料で使える」と考えれば、妥協はできるだろう。

iPhoneに標準のリマインダーで物足りない人、とくに頻繁に通知が欲しい人は、ここで紹介した「通知メモ2」を使ってみよう。


ITライフハック 関口哲司