画像

写真拡大

 電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、アメリカのデジタルパフォーマンスマーケティング会社「Leapfrog Direct Response LLC」を買収することを発表した。

 電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、アメリカのデジタルパフォーマンスマーケティング会社「Leapfrog Direct Response LLC」(以下、リープフロッグ社)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意した。

 1995年に設立されたリープフロッグ社は、顧客コンバージョンや顧客体験(UX)に関わるテクノロジーの開発に強みを持ち、米国の独立系では有力なパフォーマンスマーケティング会社の1つとなっている。

 同社提供のプラットフォーム「LFX Conversion Platform」は、コンバージョンの最適化を目的に、マルチチャネル上にあるデータや実店舗、ECサイト、ソーシャルメディアといったオンラインおよびオフライン上の様々なコンタクトポイントを連結。これにより、顧客とのブランド体験を高めて、より効率的なマーケットインテリジェンスを生み出す。

 現在リープフロッグ社の従業員数は150名で、そのうち約6割がソフトウェアエンジニアやデータサイエンティストなどの専門スタッフとなっている。

 株式取得後、電通イージス・ネットワークは、リープフロッグ社を同社グループのグローバルネットワーク・ブランドの1つでデジタル・パフォーマンス領域に強みを持つiProspect(アイプロスペクト)の米国拠点に組み込む。iProspectはリープフロッグ社を迎え入れることで、競争力の強化と顧客サービスの向上を図り、アメリカにおけるデジタルマーケティング市場での成長戦略を加速させていく。

MarkeZine編集部[著]