写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也が5日、都内で行われた映画『PとJK』(上映中)「全国に幸せをお届けいたします! 出発式イベント」に、玉城ティナ、西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、廣木隆一監督とともに登場した。

同作は三次マキによる同名コミックを実写化。イケメンな"P(=POLICE・警察官)"と恋愛初心者の"JK(=女子高生)"が秘密で結婚するという設定と、年の差カップルのピュアなラブストーリーで話題を呼んでいる。恋愛映画初主演の亀梨が警察官・功太役、土屋太鳳が女子高生・カコ役を演じる。

亀梨は、ネクタイ柄のシャツを着た西畑を見て「ネクタイを印刷するハイブリッドな衣装で」と驚いた様子。「映画の感想と、今回の印刷してるネクタイのハイブリッド感を説明して」と無茶振りすると、西畑は戸惑いながらも先輩の要求に応えた。

西畑が、映画を見た友達に「土屋太鳳ちゃんに抱きついてるのがすごい羨ましいって言われた」と明かし「そういう目的でやってるわけじゃないから!」とエピソードを披露すると、亀梨は「まあ僕はチューしましたけど」と、自分の頭に手を回し”てへっ”とした笑顔に。

また、先ほどの亀梨の無茶振りに応えた西畑が「衣装に関しては僕、埋め込む式がすごく多くて。前も蝶ネクタイここに埋め込んでたりとか」と語ると、亀梨は「昭和の男としては、ネクタイはちゃんとつけなきゃって思いますから」と驚いた。西畑が平成9年生まれと知った亀梨は、「完全に僕は女性に目覚めてましたよ、平成9年の頃には」としみじみと振り返っていた。

大ヒットキャンペーンということで、この日は4人がそれぞれ全国各地へ舞台挨拶に出発する。函館に行く亀梨は「とにかく、イカを絶対食べたいと思っています」と意気込んだ。玉城は福岡、廣木監督は福島へ出発し、朝に地元・大阪から東京に来たという西畑は、このまま大阪に戻り舞台挨拶を行うという。

テープカットでは、カット後に残った花を客席に投げ込むも、2回連続でカメラマンの元へ落ちてしまった亀梨。亀梨に花を戻すカメラマンに向かって「運命感じてます?」と話しかけるという"神対応"も見せた。