By Melanie

11歳の子どもがクレジットカードを登録済みの親のiTunesアカウントを使って、6000ポンド(約82万円)分のアプリ内購入を買ってしまったことが報じられています。

Boy, 11, racks up £6,000 online credit card games bill - BBC News

http://www.bbc.com/news/uk-england-lancashire-39488587



イギリス・ランカシャーに住むロイ・ドブソンさんの11歳の息子であるアルフィー君は、週末だけiPadでゲームをプレイすることを認められていました。最近のアルフィー君はあるゲームに熱中していたのですが、ある日ドブソンさんは、6000ポンド(約82万円)ものクレジットカードの請求書を受け取り、非常に驚いたとのこと。これはアルフィー君がプレイしていたゲームで使った代金で、アルフィー君は99ポンド(約1万3000円)のアプリ内購入を50個以上も、ドブソンさんのiTunesアカウントで購入していたようです。

ドブソンさんは「息子はわずか5分足らずで、手始めに700ポンド(約9万6000円)を支払い、それから30分以内に1100ポンド(約15万円)を無駄遣いしていたのです」と話しており、2度の週末で使った金額の合計が、100万円近くにのぼっていたわけです。アルフィー君の母親であるジルさんは、「以前に同じゲームで1.49ポンド(約200円)のゲーム内購入を買ってあげたことがありましたが、息子はもっと高額なアプリ内購入を見て興味を持っていました。ゲームをうまくプレイできるようにするだけで、何も残らないものに99ポンドもかかるなんて信じられません」と話しています。



ドブソンさんによると、アルフィー君はアプリ内購入を買っているつもりはなく、アイテムをゲットしているだけだと思っていたとのこと。ドブソンさんは「子どもがどれほど簡単に巨額の決済を行ってしまえるか知っておいてほしい」と、子どもを持つ親に対して注意を促しています。なお、この報告を受けたAppleは、ドブソンさんへ全額を返金することに同意しています。また、Appleは「ペアレンタルコントロールの1つである『承認と購入のリクエスト』をオンにしていくことで、子どもの誤購入を防ぐことができます」とコメントしています。