迫力の破壊シーン! (C)Universal Pictures

写真拡大

 ストリートレーシングを題材にしたカーアクションの人気映画シリーズ「ワイルド・スピード」の第8弾となる最新作「ワイルド・スピード ICE BREAK」が、4月に全国公開される。

 ド派手なアクションが見どころとなっているため、劇中でさまざまな車両や建物が破壊されるのが特徴となっているが、イギリスの保険会社Halo Insurance Serviceはこのほど、これまでの7作品で描かれた破壊行為の推定損害額を算出。保険のプロが総上映時間13時間あまりを見直した結果、通常の自動車に関しては損傷が169台、全壊が142台あったという。

 また、カスタム車やレーシングカー、バスや飛行機、ヘリ、軍用車などの特別車両も37台が全壊した。全壊した車両のなかでもっとも高額なのは、「ワイルド・スピード SKY MISSION」に登場したスポーツカーのLykan Hypersport by W Motorsで、金額は227万ポンド。さらに損傷した建物が56棟、全壊が31棟、破壊された品物は432点にも及び、推定損害総額は4億1944万6914ポンド(約586億円)であると見積もっている。

 シリーズ第6弾「ワイルド・スピード EURO MISSION」から損害規模が急にアップしているそうで、最新作ではどれほどの多くの破壊行為が行われるのかに注目が集まる。