女友達の多い彼。自分の知らないところで女友達と楽しそうにしているところを想像すると、嫉妬の気持ちが抑えきれなくなる場合も。かといって、彼に「あんまり女友達と会ってほしくない」と直接的に伝えるのは逆効果。女友達の悪口などいってしまった日には、彼の心も離れてしまう…なんてことも⁉ 抑えきれない嫉妬心を乗り越えるためにできることを3つご紹介します。

自分への自信が結果的にいい方向へ! 自分磨きをしよう





嫉妬ばかりする人は、どこか自分自身に不安があって、自信がない状態だといいます。彼の女友達は自分よりもかわいいしおしゃれ、または、逆に自分よりもかわいくないのになんで? と思ってはいませんか。

卑屈な嫉妬心は、どんなに隠しているつもりでも彼に伝わってしまいます。あなたの強い嫉妬心を感じて、「ウザい」と思っている場合も。おしゃれでも、資格でもいいので、自分に絶対的な自信が持てるように、行動してみましょう。自分を磨くことで、また一段階、素敵な女性に近づけますよ。

彼だけに集中していない? 趣味や習い事で心に余裕を持とう





どの女友達となんの連絡をしたのか、彼に対していつもしつこく聞いてしまってはいないですか? 最初は「やきもちを焼いているんだ。かわいいな」くらいに思っていた彼も、しつこ過ぎると飽き飽きしてしまいます。場合によっては、別れの原因になってしまうということも。

しつこく聞いてしまうのは、彼だけに気持ちが傾き過ぎているからかも知れません。たまには、彼ではないことを考える時間も大切。心の余裕を持つためにも、趣味や習い事に時間をかけてみましょう。

ときには彼に自分との時間をつくってほしいと伝えることも大切





女友達が多くても、しっかり自分との時間をつくってくれるメリハリのある彼ならよいですが、なかには女友達を優先してしまう男性もいます。女友達を優先しがちな彼には、それとなく一緒にいる時間がほしいことを伝えてみて。「なんで女友達ばっかり優先するの?」という責める口調ではなく、あくまで「もっと一緒にいたいな」など、ソフトな伝え方がベストです。

成熟した大人の恋愛のためには、自分自身が心に余裕を持って大人になることも大切です。彼氏や彼の周りの女の子ばかりに嫉妬するのはもう終わりにしましょう。