ジョニー・デップ - 写真は先月28日撮影のもの
 - 写真:INSTARimages/アフロ

写真拡大

 ジョニー・デップが先月28日(現地時間)、レディー・ガガの誕生日を祝うために米ロサンゼルスのレストランを訪れたのだが、頬は落ちくぼみ、印象が変わるほど痩せこけた姿だったため「誰だかわからない」と海外で報じられている。

 人気シリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の公開を控えているほか(日本公開は7月1日)、リメイク版『オリエント急行殺人事件』や『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』第2弾といった話題作への出演が続くなどキャリアは順調なジョニーだが、プライベートでは試練の1年に。最愛の母を亡くし、アンバー・ハードとの離婚でもめ、さらにはとんでもない浪費癖により破産寸前の状況だという。

 離婚後初の公の場となった1月18日開催の「ピープルズ・チョイス・アワード2017」授賞式では頬もふっくらしていただけに、ショックを受ける人々は少なくないよう。今回のジョニーの激ヤセ姿にインターネット上では「突然老人になったみたい」「激太りしたかと思ったら痩せこけてしまった」「ひどい1年だったんだ。休みを与えてあげなよ」「回復してほしい」「どうか役のためでありますように」といった声が上がっている。(朝倉健人)