抗炎症効果が高いターメリックは二日酔い以外にも取り入れたい注目食材で、老化や肥満防止への効果の期待が高まっています。今回はターメリックを手軽に摂れる『ターメリックミルク』の作り方を紹介します。

老化、アレルギー、肥満のもとをおさえる「抗炎症」作用

アメリカでは今年、健康業界が注目するキーワードとして「抗炎症(AntiInflammatory)」という言葉が選ばれています。その名も「抗炎症」というドリンクが販売されているほどです。
炎症は、老化、アレルギー、太りやすいなどの元凶になることが周知されつつあります。抗炎症作用のある食材の代表として注目されているのがターメリック。しょうがに似た形をした食材で、日本では「ウコン」としてカレーや、二日酔い防止のドリンクに使われている食材です。

(写真)左がターメリックで右がしょうが

免疫力を上げるドリンク「ゴールデンミルク」で摂るのがおすすめ

ターメリックには、肝機能向上作用があるといわれるポリフェノールのクルクミンが含まれていて、それが黄色い色の元です。また、ターメリックには、ビタミンB1も含まれているので疲労回復などにも効果が期待できます。そのため、アメリカでは最近、抗炎症、疲労回復などを目的として飲むドリンクには必ずといっていいほどターメリックが配合されるようになってきました。特に、風邪やインフルエンザが流行りそうな時期には、こういった健康ドリンクが売れています。

中でも一番有名なのが「ターメリック・ラテ」で、別名「ゴールデンミルク」とも呼ばれています。これは、インドの伝統医学アーユルヴェーダのレシピに由来したドリンク。アーユルヴェーダでは、ターメリックは「ナチュラルな抗生物質」と呼ばれているほど、抗酸化・抗炎症作用に優れていることが早くから認められてきました。
そのゴールデンミルク、免疫力を上げる飲み物として、自宅で作れる簡単レシピもたくさん紹介されています。中でも簡単な作り方をご紹介します。

自宅で簡単!ゴールデンミルクの作り方

(材料)
牛乳(ナッツミルクなどでもOK)…2カップ強
ターメリックパウダー …小さじ1
シナモンパウダー …小さじ1/2
はちみつ(用意できれば非加熱のもの)…小さじ1
ジンジャーパウダー(しょうがの皮ひとかけらでもOK)…小さじ1/4
黒こしょう …ひとつまみ
カイエンペッパー(無くてもOK)…少々

(作り方)
1.すべての材料を鍋に入れ、箸を数本まとめて持ち、全体がよく混ざるようにかき混ぜる(ミキサーでも可)。
2.そのまま鍋を火にかける。煮立たせないように注意して。温まったら、マグカップに注ぐ。
ターメリックは刺激が強いので、妊娠中の方や体調のすぐれない時は摂取を控えてください。

(写真)市販されているゴールデンミルク。これはココナッツミルクがベースで、ほんのり甘くて濃厚

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと