4日、日本で主演映画「おじいちゃんはデブゴン」をPRしたアクションスターのサモ・ハンが、日本のセクシービデオを見ていることを明かした。写真はサモ・ハン。

写真拡大

2017年4月4日、日本で主演映画「おじいちゃんはデブゴン」をPRしたアクションスターのサモ・ハン(洪金宝)が、日本のセクシービデオを見ていることを明かした。東網が伝えた。

【その他の写真】

昨年の主演映画「おじいちゃんはデブゴン」(中国語タイトル:我的特工爺爺)が公開されるのに合わせて日本入りしたサモ・ハンが4日、生放送番組に出演。番組MCから日本のセクシービデオについて聞かれると、「見ています」と通訳を通じて激白。さらに、「アクション俳優をやめたら、セクシービデオに転身してもいい」と、ジョークを飛ばして笑いを誘った。

「デブゴン」シリーズなどで知られ、「動けるデブ」として今も日本で愛されている。マフィアから少女を命懸けで守る退役軍人を演じた最新作「おじいちゃんはデブゴン」でも、その巨体からは想像もできないような、軽々としたキレのあるアクションを披露している。

日本について語ったサモ・ハンによると、長女のステファニーさんは解散した人気グループSMAPの大ファンだったとのこと。特に中居正広のファンだったことを明かしている。(翻訳・編集/Mathilda)