三越伊勢丹HDの新社長の悲哀とは

写真拡大

 火中の栗を拾う──そんな表現がしっくりくるような社長交代が、今春、大手企業で相次いだ。百貨店最大手の三越伊勢丹ホールディングス(HD)は、この3月7日、大西洋社長(61)が辞任する人事を発表した。

 大西氏は、婦人服がメインの百貨店業界において新宿伊勢丹メンズ館を成功させた人物で、業界では“ミスター百貨店”と呼ばれた。ブライダルなどの新事業を展開しながら、不採算店の整理を進めてきたさなかの突然の辞任だった。経済ジャーナリストの片山修氏はこういう。

「大西氏は突っ走るタイプで、経営会議に諮っていない地方店の閉鎖を勝手にメディアに話して大問題になった。組合を筆頭に大西おろしに動き、最終的には石塚邦雄会長に引導を渡されたとされています」

 その“カリスマ”の後任として4月1日、杉江俊彦専務(56)が昇格して新社長に就任した。杉江氏は1983年に慶応大法学部を卒業後、伊勢丹に入社。業務改革のため、リアルタイムで在庫を単品管理する非常に先進的なシステムを導入するなど、ITに強い人物。

「杉江氏は大西氏の部下として働いていた伊勢丹閥。基本的には不動産業(店舗貸し)に舵を切るのではなく、百貨店そのものを復活・再生させる大西路線を継承していくと思う。ただ、ネットやファストファッションが台頭し、業界に逆風が吹いているなかでの再建は、厳しい仕事だと思います」(前出・片山氏)

 思わぬかたちで重大な極面の舵取りを任される。それが「サラリーマン社長」たちだ。社内人事である以上、基本的に「断わる」という選択肢はないに等しく、拒否すればその会社でのサラリーマン人生も終わりを迎える可能性が高い。

 福島第一原発の事故対応費や廃炉費用が大幅に膨らむことが判明した東京電力でもこの6月に経営陣が刷新される。数土文夫会長(76)の後任には日立製作所の川村隆名誉会長(77)が就く。日立がリーマンショックで過去最大の大赤字を出した後に、再建を果たした実績が買われた。

 社長には、関連会社、東京電力エナジーパートナーの小早川智明社長(53)が抜擢された。経済ジャーナリストの町田徹氏はこういう。

「東電はすでに国営企業なので、政府や東電委員会の経営方針から逃れられない。儲けて成長するだけでなく、廃炉のコストも稼ぎ出せと、二兎を追えといわれるのですから、いかに優秀な人でも厳しい船出です」

 2012年に社員のインサイダー取引が発覚し、当時の渡部賢一CEOら経営トップ2人が引責辞任した野村HDでも、この4月に社長が交代する。

 これまで野村HDのCEOと野村證券の社長を兼務していた永井浩二氏(58)が取締役会長に就き、野村證券の社長を森田敏夫副社長(55)が継ぐ。

 森田氏は1985年に同志社大商学部を卒業し、野村證券に入社して、長年、個人向けの営業を強力に推進してきた人物といわれる。

「直近の決算は堅調だったので、この機に永井さんが国内営業出身の森田さんを新社長にしたのでしょう。

 昔は抜きん出ていたM&Aの助言業務ランキングは直近で6位です。2020年までに預かり資産150兆円という目標もあり、テコ入れのための人事といわれる。永井氏主導は変わらないから森田氏がどれだけ独自色を出せるか」(金融ジャーナリストの森岡英樹氏)

 社長に就いたからといって、それだけで喜べるとは限らないのだ。

※週刊ポスト2017年4月14日号