世界ゴルフ選手権シーズン第3戦、デルマッチプレー4日目。3番でティーショットを打つフィル・ミケルソン(2017年3月25日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子ゴルフフィル・ミケルソン(Phil Mickelson、米国)が、ANAインスピレーション(ANA Inspiration 2017)で女子ゴルフのレクシー・トンプソン(Alexis "Lexi" Thompson、米国)が優勝を逃す要因の一つとなった、テレビ視聴者からの指摘によるペナルティーは「覆されるべきだ」との考えを示した。

 今季のメジャー第1戦、第81回マスターズ・トーナメント(The Masters Tournament 2017)の開幕を6日に控えるメジャー通算5勝のミケルソンは、1日遅れで罰則を科した決断は覆されるべきだと口にした。

 ミケルソンは、「有利にならないような1フィート(約30センチ)のパット、視聴者の介入、そして意図的または意図せずによく起きるような、いうなれば少しルースなマーキングなど、すべてのシナリオがあったうえで、ああいった形で大会の結果を決めるのはね。とにかく、私は覆えされるべきだと思う」と語った。

「彼女にはトロフィーが与えられるべきだと思う」

 2日に行われた米国ツアーメジャー第1戦の最終日、トンプソンは4ホールを残すのみとなったところで、前日のラウンドを見ていたテレビ視聴者から1フィートのパット前に不適切な形でボールを置き直したと指摘され、4打罰を受けることになった。

 トンプソンは3ストロークを失って動揺したにもかかわらず、そこから挽回して勝負をプレーオフに持ち込んだが、最後は柳簫然(So Yeon Ryu、ユ・ソヨン、韓国)の前に屈した。

 メジャー通算18勝を誇るジャック・ニクラス(Jack Nicklaus)氏も、ラウンド中に違反があったことを知らされながら、見事な巻き返しを披露したトンプソンについて「一体どうやって彼女があれをやってのけたのか、私にはさっぱりわからない」と感嘆した。

 今週のマスターズでキャリアグランドスラムを狙うロリー・マキロイ(Rory McIlroy、北アイルランド)も、反則行為に対して罰則が大きすぎるとの考えを示した。

 マキロイは「レクシ―にはタフだった。2打罰ならわかる。違反行為に関するルールがあるからね。でもスコア誤記で2打罰?あの時点で、彼女は間違ったスコアを記しているとは知らなかったし、それを訂正するチャンスもなかった。それこそが、多くの人々を激怒させたのだと思う」とコメントした。

「レクシーのことは知っている。もう何年もね。いかさまをするような人ではない。彼女は素晴らしい女性であり選手、そして競争者だ」
【翻訳編集】AFPBB News