写真提供:マイナビニュース

写真拡大

昨年末のSMAP解散直後のタイミングで、元メンバーの木村拓哉と草なぎ剛の主演ドラマが放送されるなど、注目を集めた冬ドラマが終了したのもつかの間、あす6日スタートの『恋がヘタでも生きてます』(読売テレビ・日本テレビ系)を皮切りに、春の連続ドラマが続々とスタートする。

放送開始前の段階で、視聴者はどのドラマを見たいと思っているのか。マイナビニュースが、春の民放連続ドラマの中で「最も期待する作品」をアンケート調査したところ、嵐の相葉雅紀が主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『貴族探偵』が、断トツの1位に輝いた。

○2017春ドラマ期待度ランキング

相葉にとって、2年前の『ようこそ、わが家へ』以来2度目の月9主演となる同作は、麻耶雄嵩氏の本格推理小説を初めて映像化。相葉演じる本名不明で貴族を名乗り、探偵を趣味にする青年が、事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じている間に、絶対的な忠誠心を持つ召使いたちが、捜査へ動き出すというストーリーだ。

"月9"30周年を飾る作品で、武井咲、生瀬勝久、井川遥、滝藤賢一、中山美穂、松重豊、仲間由紀恵といった豪華キャストが集結し、今月2日に行われた会見で、相葉は「こんな機会はもう一生ない」と感激。フジテレビの看板枠である同枠は、前クールの『突然ですが、明日結婚します』が史上最低視聴率を記録するなど、ここのところ低迷が続いているが、羽鳥健一プロデューサーは「命がけで楽しいドラマを作りたい」と起死回生への決意を示す。

そんな『貴族探偵』は今回のアンケートで、有効回答数6,820票中、得票率25.2%となる1,717票を獲得。これは、2位に約2倍をつける圧倒的な期待度だ。その理由を見ると「相葉雅紀さんがどれ程クールな感じの貴族を演じるのか楽しみ」(54歳男性)、「相葉ちゃんが好きだから」(27歳女性)など、相葉への期待を寄せる声が圧倒的。ほかにも「原作を読んでいるので、映像化されることで印象がどう変わるのか興味がある」(49歳男性)と、ストーリーへの関心も集まっている。

次いで2位に入ったのは、日本テレビの土曜ドラマが21時台から22時台に移行して最初の作品となる、KAT-TUN・亀梨和也主演の『ボク、運命の人です。』で、得票率12.2%と、こちらも2ケタに乗せた。

同作は、運命を信じた主人公・誠(亀梨)と、それをかたくなに拒否する晴子(木村文乃)のラブコメディ。亀梨と山下智久が、『野ブタをプロデュース』以来約12年ぶりにタッグを組んで主題歌を歌うことも話題で、「亀梨くんと山Pの12年ぶりのコンビが楽しみで仕方ないので」(29歳女性)といった声がほとんどを占めた。

そして3位には、松重豊主演の『孤独のグルメ Season6』(テレビ東京系)が入り、「深夜の飯テロはたまらない」(45歳男性)、「いままでのシリーズも面白かったので」(29歳男性)と、同シリーズの安定した人気が伺える。テレ東のドラマは、5位に『釣りバカ日誌Season2 新米社員浜崎伝助』がランクインしており、こちらにも「シーズン1が面白かったので」(53歳男性)と、前作の実績から期待が寄せられている。

このほか、4位の『リバース』(TBS系)には、「藤原竜也さんは演技力抜群で見応えがあるから」(51歳女性)、「湊かなえさんの作品が好きなので」(49歳女性)と、主演と原作への期待の声が。

7位の『警視庁捜査一課9係 season12』(テレビ朝日系)には、「渡瀬さんが好きで今までずっと観てきたから」(44歳男性)、「やっぱり渡瀬恒彦さんが大好きなので。未だ受け止められないし、観てて辛くなりそうだけど…」(44歳女性)と、同シリーズの主演を務めてきた故・渡瀬恒彦さんへの思いが、多く寄せられた。

●調査概要
調査期間: 2017年3月28日〜4月3日
有効回答数: 6,820人
調査方法: インターネットアンケート