マーク・ストロング

写真拡大

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』『キングスマン』など話題の映画に出演し、舞台でも活躍する英国俳優のマーク・ストロングが、米FOXのスパイスリラードラマ『Deep State(原題)』に主演することが明らかとなった。米Varietyなどが報じている。

本作でマークが演じるのは、過去と現在の自分の板挟みになってしまう男マックス・エストン。スパイだった彼は死んだ息子の復讐を果たすため、中東の混沌から利益を得ようと目論む陰謀と諜報組織の争いに身を投じていく...というストーリー。

この役を演じることについて、マークがインタビューで次のように発言。「のめり込んでしまうような、道徳的に完全に板挟みになる役柄だ。秘密に満ちた危険極まりない仕事に打ち込む一方で、愛すべき父親であり献身的な夫でいなければならない訳だから、役作りが楽しくなりそうだ」と、シリーズにかける想いを明かしている。

マークのほかには、不屈で聡明な諜報員レイラ・トウミ役に英女優のカリマ・マクアダムス(『Fearless』)がキャスティングされており、パイロットの脚本を手掛けるのは映画『dot the i ドット・ジ・アイ』で監督・脚本を担ったマシュー・パークヒル。ショーランナーでもある彼は、4話分で監督を務めて製作総指揮も兼任。共同クリエイターのサイモン・マックスウェル(『American Odyssey(原題)』)も、パークヒルとともに脚本・製作総指揮に名を連ねている。

マークがスパイを演じる『Deep State』は、5月より撮影開始予定。(海外ドラマNAVI)