写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●前輪駆動が新登場
アウディジャパンはフルモデルチェンジを実施した新型「A5」を発売する。先代は四輪駆動(クワトロ:quattro)の「クーペ」のみで発売し、後に「カブリオレ」など2つのスタイルを追加するという経過をたどったのだが、今回は最初から3つのボディバリエーションを用意したほか、価格を抑えた前輪駆動タイプもラインアップするなどモデルを多様化。より幅広い層への訴求を目指す。新型A5は日本の高級車市場で存在感を発揮できるか。

○選べるボディバリエーションは3種類

初代A5は2ドアの「クーペ」が2008年に登場し、その後の2年でオープンカーの「カブリオレ」と5ドアの「スポーツバック」が追加となった。2代目となる今回のA5は、最初の年から上記3タイプのボディが選べる。駆動方式ではスポーツバックに前輪駆動が登場。発売時期はクーペと四輪駆動のスポーツバックが2017年4月下旬、カブリオレと前輪駆動のスポーツバックが同7月下旬だ。

A5の発表会に登場したアウディジャパンの斎藤社長によると、このクルマの特徴は(1)力強く、躍動感のあるエクステリアデザイン、(2)高出力と低燃費を実現したエンジン、(3)先進の運転支援システムとコネクティビティーの3つ。例えば運転支援システムでは、時速65キロ以下であれば先行車両を追尾するように加減速やステアリングを行う「トラフィックジャムアシスト」や、路上の白線をカメラで認識して車線維持を支援する「アクティブレーンアシスト」などの機能を搭載する。

スポーツバックで7年ぶり、クーペでは9年ぶりとなるフルモデルチェンジを遂げた新型A5。ボディバリエーションや駆動方式で選択肢が充実した今回は、日本の高級車市場にどのようなインパクトを与えるのだろうか。斎藤氏の言葉から探ってみたい。

●新たに訴求できる購買層は
○間口を広げた意味

斎藤氏によると、日本の高級車市場は大体25万台前後で推移しているが、内訳を見ると伸びているのはSUVで、セダンやクーペといった車種は減少傾向にあるという。もちろんA5が属するのは後者の市場だ。

性能やデザインを特徴とするA5は、「たくさん台数を売る(台数を追う)ようなクルマではない」と斎藤氏は語る。2017年の販売台数は1,600台を想定しているという。

とはいえ、今回のA5は日本で売れ筋のスポーツバックが最初から用意されるなど、間口が広がった印象だ。中でも注目したいのは、前輪駆動バージョンの存在。四輪駆動のクーペのみで発売した先代はエントリーモデルでも600万円を超える価格設定だったが、今回は前輪駆動のスポーツバックを選べば車両本体価格が546万円(税込み)となる。

A5のデザインや性能に魅力は感じていても、四駆までは必要ないと考える顧客は存在するというのが斎藤氏の見立て。そういった層にも今回のラインアップであれば訴求できそうだ。

(藤田真吾)