写真提供:マイナビニュース

写真拡大

W3techsは4月4日(ドイツ時間)、「Usage Statistics of IPv6 for Websites, April 2017」において、IPv6を利用しているWebサイトの割合が全体の10%に到達したと伝えた。1年前の段階ではIPv6を利用しているWebサイトの割合は全体の6%ほどであり、そこから1年ほどかけてシェアを増やし、4月4日の段階で全体の10%に到達したことになる。

IPv6に対応している著名なサイトは次のとおり。

・Google.com
・Youtube.com
・Facebook.com
・Yahoo.com
・Wikipedia.org
・Google.co.in
・Google.co.jp
・Instagram.com
・Linkedin.com
・Google.de

IPv6に対応した著名なサイトのうち.jpがついているサイトはGoogle.co.jpのみ。IPv4アドレスはすでに枯渇が進んでおり、これに対応する方法としてIPv6への移行が望まれている。しかし、IPv6の普及は急速には進んでいないものの、今後、着実に増加していくと見られる。

(後藤大地)