日本初公開の巨大アイアンマンが登場する「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界

写真拡大 (全4枚)

六本木ヒルズ森タワー52階の展望台 東京シティビュー(以下、東京シティビュー)では、2017年4月7日(金)〜6月25日(日)までの期間、日本初となるマーベルの大型総合展「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」(特別協力:ウォルト・ディズニー・ジャパン)を開催する。また、本展に合わせてウェストウォークのメンズゾーン、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIをはじめとした商業店舗、共用エリアなど六本木ヒルズ全体で、「マーベル プロジェクト@六本木ヒルズ」が始動する。

本展が開催される六本木ヒルズ展望台 東京シティビューのエントランスに、日本初公開となる5mのアイアンマンが登場。日没後から22時までの間は、ガラス張りの窓一面に広がる東京の夜景と、アイアンマンのライトショーのコラボレーションも楽しめる。また、各展示エリアの全貌も明らかとなり、コミックスをイメージしたポップなゲートや映画の衣裳・小道具が並ぶエリアなど、会場全体を通してマーベルの世界を堪能することができる展覧会となる予定だ。



このほか、展覧会の会場内に、本展のオリジナル商品などが販売される「マーベル展公式ショップ」がオープン。普段使いできる文房具やバックからファッションアイテムまで幅広くご用意。また、50階には大手玩具メーカー「ホットトイズ」による期間限定の「MARVEL六本木ヒルズ ホットトイズストア」も登場。毎週、このストアでしか購入できない限定アイテムや、関連の新商品が発売される。

さらに、本展に隣接するカフェ「Museum cafe&restaurant THE SUN&THE MOON」のカフェエリア「THE SUN」が、「MARVEL CAFE」として期間限定オープン。マーベルの世界観をイメージしたフードやドリンクなど、ここでしか味わえない特別なメニューが展開される。

また六本木ヒルズでは、ウォルト・ディズニー・ジャパン協力のもと、「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」および、5月12日(金)公開のマーベル・スタジオ最新作、映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」の公開を記念した「マーベル プロジェクト@六本木ヒルズ」を実施する。

本プロジェクトでは、六本木ヒルズ内各所で様々なイベントや展示、ステッカーがもらえるスペシャル企画「ベビー・グルートを探せ!」などが開催されます。さらに、人気の15ブランドでは、限定、または先行発売など、マーベルのアイテムを発売するほか、レストラン・カフェ11店舗では、映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」をテーマにしたインスパイアメニューを展開。ファンのみならず、幅広い層の人に楽しめる企画が多数用意される。

中でも本プロジェクトにおける見どころの1つとなるのが、六本木ヒルズ内ウェストウォーク2階南側吹抜けに登場する、幅6メートル、高さ4.8メートルと巨大なホットトイズ社製の実物大フィギュア「ハルクvsハルクバスター」。まるで映画の中に迷い込んだかのような、壮大なマーベルの世界観を感じることができる(4月27日(木)まで限定)。また、六本木ヒルズ内9か所にフォトスポットも出現。さらに、ウェストウォーク4階にはブルックリンの街をイメージした「マーベルのストリートギャラリー」も登場する。



■マーベル展 時代が創造したヒーローの世界 東京展 開催概要
会期 :2017年4月7日(金)〜6月25日(日)※会期中無休 10時〜22時(最終入場:21時30分)
会場 :六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
(六本木ヒルズ 森タワー52階)
主催 :東京シティビュー、NHKプロモーション
特別協力 :ウォルト・ディズニー・ジャパン
協力 :ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
東京展協力:カラーキネティクス・ジャパン
入場料 :一般1,800円、高校生・大学生1,200円、4歳〜中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円
※展望台(屋上スカイデッキは別料金)、森美術館入館料を含む

©2017 MARVEL

■公式サイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・アナログとデジタルが融合した新感覚知育玩具「ブロクセル」を4月上旬より発売
・2017年度も石原さとみさんが出演! 東京メトロ「Find my Tokyo.」の新CMを発表
・どこでも眠れるあなたにぴったりな快眠姿勢が見つかるトラベルピローを発売
・位置ゲーム「駅メモ!」のカメラアプリが登場
・定年退職を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ企画「THE LAST TRAIN」を実施