写真提供:マイナビニュース

写真拡大

StatCounterは4月3日(米国時間)、「Android overtakes Windows for first time|StatCounter Global Stats」において、デスクトップ、ノートPC、スマートフォン、タブレットデバイスなど複数のデバイスでインターネットにアクセスする際にAndroidが最も利用されているオペレーティングシステムになったと伝えた。これまでWindowsが最も使われているオペレーティングシステムだったが、今回、初めてAndroidが首位の座を獲得したことになる。

シェアはインターネットの利用をベースにカウントしたもの。2017年3月の段階でAndroidのシェアは37.93%、Windowsのシェアは37.91%となった。長期にわたって、Androidのシェアは増加傾向を続ける一方、Windowsは下落傾向を続けている。今回の結果は、スマートフォンやタブレットデバイスからのインターネット利用がデスクトップやノートPCからの利用よりも増加していることを示している。

数ヶ月前の段階でAndroidのシェアがWindowsのシェアを抜く傾向を見せていたことが伝えられていた。数ヶ月を経て推測通りの結果となった。今後も同様の傾向が継続した場合、Androidはさらにシェアを増やす可能性がある。

(後藤大地)