草月創流90周年記念 勅使河原茜 個展「HANA SO」

2017年4月5日(水)から4月10日(月)まで、「いけばな草月流」の創流90周年を記念して、第四代家元である勅使河原茜氏の個展「HANA SO」が開催される。会場は、丹下健三氏(1913〜2005年)が設計し、イサム・ノグチ氏(1904〜1988年)の石庭「天国」を有する草月会館。佐藤オオキ氏が率いるデザインオフィスnendoが会場構成を担当している。開場時間は10:00〜20:00(初日は18:00閉場 / 9日は8:00開場)。勅使河原茜氏は2001年4月に第四代草月流家元に就任し、大胆な表現の「いけばな」作品を発表するとともに、ダンス / 音楽 / 書などの異分野アーティストとのコラボレーションにも積極的に取り組んできた。花と向き合って自由な感性で多くの人に感動を伝えてきた勅使河原茜氏が、新たな花の世界を創り上げているのが今回の個展だ。第1会場(草月プラザ)では、佐藤オオキ氏との対話を重ね、石庭「天国」の新たな魅力が引き出されている。第2会場(2F 談話室)や第3会場(5F 日本間)では、特別展示として「勅使河原茜と現代アートのコラボレーション」を展開。現代美術の小山登美夫ギャラリーに所属するアーティスト作品と、そこからインスピレーションを受けた家元の作品の共演が実現した。招待作家には、大野智史氏 / 大宮エリー氏 / 菅木志雄氏 / 日高理恵子氏 / 廣瀬智央氏 / 山本桂輔氏が名を連ねている。

nendoによる会場構成と、勅使河原茜氏によるプロローグ作品

■期間:
2017年4月5日(水)〜4月10日(月)

■開催場所:
草月会館
東京都港区赤坂7-2-21

■問い合わせ先:
一般財団法人草月会
url. http://www.sogetsu.or.jp/
▷こちらもおすすめ
佐藤オオキ氏のデザインオフィスnendoとの共同開発で大正製薬の新炭酸飲料「RAIZIN」が発売