マイケル・ジャクソンの息子が入れた、パパのタトゥーがすごすぎる

写真拡大

 2009年に他界したキング・オブ・ポップことマイケル・ジャクソンの息子プリンス(20)が、父親のタトゥーを足に入れた。

 プリンスは、マイケルが背中に天使の羽を付け、両手を高く上に挙げているお馴染みの姿を模したタトゥーを、インスタグラムに投稿した動画で公開した。

⇒【Instagram】はコチラ https://www.instagram.com/p/BSVPYO-jg06/
 動画のキャプションには「@dermagraphink、素晴らしく美しいタトゥーのために9時間費やしてくれてありがとう。もっと投稿していくよ」とコメントが添えられている。

 そんなプリンスは、このタトゥーだけにとどまらず、最近ではタトゥーを多数入れていることで知られる妹パリス(18)とおそろいで太極図を彫っていた。

⇒【Instagram】はコチラ https://www.instagram.com/p/BSHr8MVBr31/
 パリスは、「兄のプリンスとは同じ考えを共有しているが、性格は完全に対極。対になってバランスを保つ、切り離すことのできない陰陽のような存在であることから、おそろいで足首に太極図を入れることにした」とインスタグラムで説明している。

 一方のプリンスも同じ写真を同サイトで公開し、「そのタトゥーが2人が離れることなくずっと一緒にいるということの証明である」とコメントしていた。

 マイケルの追悼式で涙のスピーチを行った少女パリスは、今では一人の女性として美しく成長。兄であるプリンスと仲睦まじい姿を見せているが、兄妹の不仲説、さらに2人はマイケルの実子ではないというウワサなどもある。色々と世間でささやかれる中でも、2人は父親、そして兄妹への想いをタトゥーに込めているようである。

<TEXT/BANG SHOWBIZ>