画像

写真拡大

 インテージとドゥ・ハウスが業務提携することが発表された。今後両社は、チラシを中心とした販促物の効果測定の分野で、新しいサービス・ソリューションを構築していく。

 インテージは、ドゥ・ハウスと2017年4月1日、消費財メーカー各社のマーケティング活動を支援することを目的に、業務提携を締結した。

 インテージは、小売店の販売動向と消費者の購買動向の両面を捉えるマーケティングデータ提供サービスや、小売店から開示されたPOSデータ分析支援サービスなどを展開。これにより、メーカーの商品開発、販売促進を支援するとともに、小売業のマーチャンダイジング活動支援、販売促進支援を行ってきた。

 一方、ドゥ・ハウスは、生活者フィールドと流通フィールドの2つに対してのマーケティング活動を行っている。チラシ事業分野においては、全国約400拠点から食品スーパー、ドラッグストア、ホームセンターなどの折込チラシを年間10万枚以上収集し、チラシ掲載商品のデータベースの構築や集計まで、幅広いサービスを展開してきた。

 今回両社は、更に多くのチラシ情報をより細やかに提供できることを目指し提携するに至った。今後はチラシを中心とした販促物の効果測定の分野で、新しいサービス・ソリューションを構築し、需要促進につながる販促支援を行っていく。

MarkeZine編集部[著]