月面探査レース「優勝の可能性は高い」 開発のキーマンが語る

写真拡大 (全3枚)

月面を探査するローバーの名前が決まった。「SORATO(ソラト)」。3万7千通の応募から選ばれたこの名前は、「宙(そら)」と「兎(と)」を組み合わせたものだ。

2017年12月28日、インドのサティッシュ・ダワン宇宙センターから、月へと飛び立つ。この「SORATO」の開発にいちばん最初から関わっているのが、東北大学の吉田和哉教授だ。月面探査機にかけては世界的にも他の追随を許さない研究を続けている吉田教授に、「SORATO」に至るまでの開発秘話を訊く。

東北大学の工学部は、仙台市内の青葉山に広大なキャンパスが広がる。そのなかの大学院工学研究科が吉田教授のホームグラウンドだ。研究室には何台ものローバー試作機が置かれてあり、一角にある1メートル程のボックスに収められた灰色の砂が目に入った。

「これは月の砂を模したレゴリス・シミュラント(模擬砂)というものです。ひじょうに高価で、それほど多くは流通していません。わたしたちはこの模擬砂を使って、月面でもきちんとタスクを遂行できる探査機を、これまで何度も実験し、開発してきました」

「ちょっと触ってみてください」と模擬砂を指し示す吉田教授。宇宙について語るときの教授の目は、子供のようにきらきらと輝いている。



吉田教授は、幼い頃、アポロ11号の月面着陸(1969年)を目の当たりにして、宇宙へ強い関心を抱きはじめたという。東京工業大学の工学部に進み、ロボット工学などを学ぶが、宇宙への夢捨てきれずに、大学院に進む際には担当教授からもロボットと宇宙を結ぶことをすすめられ、宇宙探査ロボットの研究をスタートさせている。

その後、マサチューセッツ工科大学客員研究員、東北大学助教授を経て、2003年から同大学の工学研究科教授に着任。これまでも、宇宙ロボット技術試験衛星「おりひめ・ひこぼし」、小惑星探査機「はやぶさ」などの国家的プロジェクトにも携わってきた。チームHAKUTOでは、それら知識と経験を生かし、月面探査レースGoogle Lunar XPRIZEの要でもあるローバーの開発を牽引してきた。

ヨーロッパから舞い込んだ参戦の誘い

「2007年9月にGoogle Lunar XPRIZEの構想が発表されたとき、一研究者として挑戦したくなり、いてもたってもいられなくなりました。ただ長らく宇宙関連プロジェクトに携わっていた経験がその気持ちにブレーキをかけた。というのもロケットを一機打ち上げるのには、少なくとも50億円から100億円はかかる。その資金面での課題をクリアしなければならないうえに、月面への着陸船であるランダーも開発する必要がありました。正直、ひとりですべてやるのはとても不可能だというのが、最初の感想でした」

自らの研究を役に立てることができる月面探査レースに挑戦したい、そんな思いを抱えながらも、現実的な問題を前になかなか歩みを進められずにいた吉田教授だったが、転機が訪れたのは2009年だった。ヨーロッパのチームであるホワイト・レーベル・スペースから、「参戦」の誘いが舞い込んだのだ。

「オランダにある欧州宇宙技術研究センターで仕事をしていたアンドリュー・バートンという人物が、ヨーロッパの若手研究者を集めて、Google Lunar XPRIZEへの挑戦を表明しました。ホワイト・レーベル・スペースは、その挑戦のために設立された会社でした。当時、彼らはランダーの技術は持っていたのですが、月面を走るローバーを開発する技術がありませんでした。そこでわたしに協力の要請があったのです」

「ロボット技術は日本がナンバー1だ。協力して大きなことを成し遂げないか」そう提案してきたホワイト・レーベル・スペースのメンバーたちの言葉に背中を押された吉田教授は、Google Lunar XPRIZEへの参戦を決意する。

吉田教授が参戦を決意した背景には、もうひとつ大きな理由があった。それはアンドリュー・バートンとの接点ともなった国際宇宙大学、そしてGoogle Lunar XPRIZEの発起人ピーター・ディアマンディスの存在だ。

国際宇宙大学は1987年に、当時、マサチューセッツ工科大学の学生だったピーター・ディアマンディスたちが創設した宇宙関連の教育団体だ。現在は、フランスのストラスブールにキャンパスを構えているが、設立から数年間は定まったキャンパスがなく、毎年、世界各地の大学を転々としながらサマースクールの形態でカリキュラムを組む、NPO的な存在だった。

吉田教授は、1998年にアメリカのクリーブランドで行われたサマースクールから、その国際宇宙大学に講師として参加している。そこでは、惑星学や宇宙工学はもちろん、「宇宙医療」や、「宇宙建築・建設」、そして「スペースアート」のような、宇宙と関連したありとあらゆる先端的なイシューが議論され続けており、宇宙を志す世界各国の学生たちの学習と交流の場にもなっているという。

「国際宇宙大学では、ピーター・ディアマンディス自身が、アントレプレナーシップについて学生たちに講義していた。まだ民間では難しいと思われていた宇宙ビジネスを、どのように形にしていくべきか。それを熱く学生に説く姿を見て、わたし自身も大きな感銘を受けました。何回か国際宇宙大学に参加しているうちに、ディアマンディスと直接会話する機会にも恵まれましたし、大学の学生だったアンドリュー・バートンも、わたしが国際宇宙大学でロボット工学を教えていたという繋がりから、コンタクトがありました。いま考えれば、わたしのGoogle Lunar XPRIZEへの参加は、この国際宇宙大学からすべてが始まったともいえます」

吉田教授への協力要請からしばらくして、2010年にアンドリュー・バートンが東京大学の本郷キャンパスで講演会を開催した。講演会にはHAKUTOの主要メンバーである袴田武史代表が参加していた。彼らは同年にホワイト・レーベル・スペースの日本支部として「ホワイト・レーベル・スペース・ジャパン」を設立。2013年に、ヨーロッパの本体チームが戦線を離脱すると、彼らに代わり、HAKUTOとしてGoogle Lunar XPRIZEに参加することを正式に表明した。

「ホワイト・レーベル・スペースは、資金と技術の両方で問題がありレースを断念しました。あるタイミングから、ランダー開発の進捗が思わしくないと感じるようになっていたのですが、しばらくして『撤退する』と。私自身はなんとなく予見はしていたので、リタイアについては驚きませんでした。また日本チームだけでもやり抜くという、メンバー内の決意も揺るぎませんでした」

さて、そのGoogle Lunar XPRIZE、ローバーを開発する技術者の視点で見たとき、HAKUTOがこのレースに勝つ見込みはどれくらいあるのか、吉田教授にストレートに訊いてみた。教授は「ランダーが月に無事に着陸するのが前提条件」と前置きしながらも、「優勝できる可能性は非常に高い」と言い切る。

「技術者としては、長年開発に携わってきたローバーには自信を持っています。特に試行錯誤を繰り返してきたホイール部分での優位性はゆるぎないものがあり、ダントツで日本チームが有利でしょう。他のチームの開発状況の詳細まではわかりませんが、公開されているローバーのデザインやホイールの形状を見れば、おおよその結果が予想できます」



そう語りながら、吉田教授は研究室に置かれてあったローバーの試作機を手繰り寄せた。そのホイール部分に手を伸ばし、こう続けた。

「車輪の直径とクラウザー(車輪につける羽根)のサイズ。このふたつがレースの結果を分ける鍵になるでしょう」[後編に続く]

*Forbes JAPANは、月面探査用ロボットの打ち上げまで、HAKUTOプロジェクトの動きを追いかけていく。
au HAKUTO MOON CHALLENGE 公式サイト>>