Appleは、先日リリースされたiOS10.3にアップデートすると、無効設定にしていたiCloudのサービスが有効になってしまう不具合があることを、一部のiCloudユーザーに対してメール送信したことがわかりました。

「誤って有効にされた可能性がある」一部ユーザーに通知

日本時間3月28日に公開されたiOS10.3では、「iPhoneを探す」機能を使いAirPodsを探す新機能や、Siriを使って支払いや配車ができるようになったほか、ファイルシステムの変更などが行われました。
 
海外メディアMacRumorsによると、今回iCloudチームからのメールを受け取った同メディアの読者は、普段はiCloudメールを無効にしていたそうですが、iOS10.3に更新後、メールが有効に変更されていたとしています。
 
iCloudチームからのメール内容(原文英語)は以下の通りです。
 

最近のiOS10.3アップデートで、一部のiCloudユーザーに影響を与えるバグを発見しました。これにより、以前はデバイスで無効にしていたiCloudサービスが、誤って再度有効にされた可能性があります。
 
iOSデバイスのiCloud設定を確認して、使用するサービスだけが有効になっていることを確認するよう推奨します。iCloudの設定を管理する方法や、AppleCareに質問する方法についてはこちらをご覧ください。
 
iCloudチーム

 
短文投稿サイトTwitterでは、iCloudチームからの日本語メールを受け取ったユーザーも居るようで、英語メールと同様の内容が案内されています。
 


 
日本時間4日にリリースされたiOS10.3.1では、iPhoneやiPadのセキュリティ問題の改善が含まれていますが、このiCloudの不具合修正が盛り込まれていたかは不明です。

iCloudサービスの設定を確認しよう

iOS10.3アップデート以降、無効にしていたiCloudのサービスが勝手に有効になっていないか確認する場合は、「設定」アプリから「iCloud」の項目を確認しましょう。有効になっているサービスは緑色、無効の場合は白色となっています。
 

iCloud 不具合 iOS10.3 iCloud 不具合 iOS10.3

 

iCloud 不具合 iOS10.3

 
 
 
Source:MacRumors
(asm)