「台湾国」のパスポートが波紋を呼ぶ(台北)

写真拡大

 実際には実在しない「台湾国」というシールを張ったパスポートを提示して、入管を通り抜けようとして、入国を拒否され、そのまま台湾に強制送還されるケースが香港、マカオ、シンガポールなどで相次いでいる。ところが、日本の羽田空港で「台湾国」パスポートを入国審査で提示した台湾人女性が、入管し日本入国に成功した。

 これを中国紙の電子版の記者が目撃し、写真付きで報道したことで、ネット上で拡散し、中国大陸でも大きな話題になっている。中国政府で台湾問題を担当する中国国務院台湾事務弁公室の記者会見でも記者が質問したところ、中国政府が正式に日本側に対して、入管業務を厳格に行うよう求めていたことが分かった。ネット上での情報をもとに、中国政府が第3国に抗議を行うのは極めて異例。

 台湾メディアによると、台湾のパスポートは表紙に上段に「中華民国」、その下段に「REPUBLIC OF CHINA」と大きく書かれており、その下の円形のなかに、台湾の青天白日旗にある太陽のマークが描かれている。

 ところが「台湾国」パスポートは、そこに「台湾国」「REPUBLIC OF TAIWAN」、円形にはクマなどの絵柄が収まっているシールが本物のパスポートに張られている。表紙だけ見れば、「台湾国」という国が発行したパスポートとなってしまう。

 これは台湾独立を目指す団体が作ったもので、独立支持者が勝手にシールを張り付けて、いろいろな国に入国しようと試みている。これで、入国して台湾の独立を既成事実化しようともくろみだ。

 昨年1月ごろからこれまでの「台湾国」のシールを貼って出国しようとした台湾人は累計180人以上なり、シンガポールやマカオ、香港では入国審査官に摘発され、大半が台湾に強制送還されたという。摘発された後、「これはいたずらでした」として、シールをはがしても、入国を認められなかったケースもあるという。

 これについて、台湾当局はこうしたシールをパスポートの表紙に貼る行為が「旅券条例施行細則」に反する違法行為だと止めるよう呼びかけている。

 ところが、3月27日、このパスポートで日本への入国が成功したとのニュースについて、中国の台湾事務弁公室スポークスマンが記者会見で、「日本は厳正に対処すべき」との発言をしたことで、中国や台湾では大きなニュースになっている。

 ネット上では「日本には台湾国のパスポートで入国できたぞ!」という成果を誇る書き込みがみられ、今後もシール付きのパスポートの提示が横行することが懸念されている。