悲願のマスターズ制覇の可能性は?

写真拡大

 ゴルフ4大メジャー大会のひとつ、マスターズが4月6日、米ジョージア州のオーガスタナショナルGCで開幕する。世界ランク4位で、現在、米ツアー賞金王レースでは2位につけている松山英樹(25)に日本人初のメジャー制覇の期待が高まるが、このところの松山は絶不調なのだ。

 2月に「フェニックスオープン」で2年連続優勝の快挙を成し遂げたが、それ以降が惨憺たる成績。2月の「ジェネシスオープン」で今年初の予選落ちを喫した後は、3月の「WGCメキシコ選手権」では25位タイ、「アーノルド・パーマー招待」では45位タイと、多くのファンを不安にさせている。

 一方で、「それでも勝つチャンスはある」というのは、NHKの米ツアー解説でおなじみの沼沢聖一プロだ。

「ここ数試合、松山は持ち味であるアイアンに左右のブレがある。ただ、調子を落としていても、原因はアイアンの精度だと分かっているから、それを調整すればいいだけ。

 我慢する力、勝負どころで決める力、コースへの対応力など、どれをとっても力を付けているのは間違いない。メジャータイトルは、『獲れる』という自信が一番求められます。本人のコメントを聞く限り、彼は自信を持っているから大丈夫ですよ」

 それだけではない。むしろ最近の絶不調は“マスターズ勝利の方程式”に当てはまっているという見方もある。

「過去、マスターズでは大会直前の数試合を絶好調だった選手が制したという例は少なく、むしろ調子を落としていたプレーヤーが照準を合わせて射止めるケースが多い」(同前)

 たとえば、2016年にマスターズを制覇したダニー・ウィレットは、その3試合前は45位。一時は3位まで回復するも、直前には22位と陥落。しかし、マスターズでは優勝を収めている。

 他にも追い風はある。松山にとってオーガスタは、アマチュア時代から相性が良いといわれている。2011年には日本人初のローアマチュアとなり、プロになってからも、一昨年のマスターズでは5位、昨年は7位タイと好成績を残している。

 さらに今回は、谷原秀人、池田勇太という東北福祉大ゴルフ部の先輩が参戦することも心強い。松山の恩師・東北福祉大ゴルフ部の阿部靖彦監督の話。

「先輩2人と一緒なので、いつもよりリラックスできると言っていました。松山はマスターズで勝つことに照準を合わせて調整している。本人と話をしても余裕が感じられるので、期待しています」

 方程式と先輩の“フォロー”が吹けば日本人初のグリーンジャケットもぐっと近づく。

※週刊ポスト2017年4月14日号