昇進場所で優勝という快挙の裏では…(日本相撲協会HPより)

写真拡大

 大相撲春場所での稀勢の里優勝の話題が連日ワイドショーなどで紹介されているが、出てくるのは茨城・牛久の両親や角界での“育ての親”であり、稀勢の里が「先代」と慕う鳴戸親方(故人、元横綱・隆の里)の話が多い。

 ただ、先代の女将さんは存命だというのに、横綱昇進や優勝へのお祝いのコメントすら報じられない。そこには“ややこしい事情”があった。

 2011年、稀勢の里にとって大関獲りのかかる九州場所を目前に控えた11月7日に先代の鳴戸親方が急死。部屋付きだった西岩親方(元前頭・隆の鶴=現・田子ノ浦親方)が「鳴戸」を襲名して部屋を継承することになった。

「周囲は当時現役だった若の里(現・西岩親方)が部屋を継ぐものだと思っていました。隆の鶴は幕内経験わずか5場所だった一方、若の里は関脇が最高位と実力もあった。ところが本人が現役続行を望んだこともあり、先代の未亡人が隆の鶴を指名して部屋の継承が決まった」(後援会関係者)

 その背景には、様々な思惑が交錯していた。折しも年明けすぐに相撲協会の理事改選が控えており、若の里は協会非主流派で土俵改革を掲げる貴乃花を慕っていた。

「協会主流派の親方衆は、鳴戸の票が貴乃花に流れることを防ぎたかった。頑固一徹の若の里よりも、隆の鶴の方が手なずけやすいと判断したのでしょう。先代の夫人としても部屋に入ってくる土俵維持費や力士養成費を自分が差配していく上で、隆の鶴のほうがやりやすかったと考えたのではないか」(同前)

 年寄名跡は所有する親方が亡くなってから3年間は、遺族による所有が認められている。隆の鶴が部屋を運営しながら、「鳴戸」の名跡証書は先代夫人の手元にあるという状態が続いていた。

 そうしたなかで、相撲協会が2014年の公益法人化に先立ち、一括管理のために名跡証書の提出を求める事態となった。

「公には認められていませんが、証書を譲り受けるには巨額のカネが必要。先代の女将と隆の鶴の話し合いがつかなかった。『鳴戸』の名跡を継ぐ権利を失ってしまえば、隆の鶴は廃業するしかない。

 ところがそこに前年急死した元前頭・久島海夫人が持っていた『田子ノ浦』の名跡を譲り受ける話が浮上した」(担当記者)

 隆の鶴は「田子ノ浦」の名跡を入手し、新たな稽古場として親方の定年で部屋が消滅した三保ヶ関部屋の建物を借りる算段がつく。そして、稀勢の里を含む当時の鳴戸部屋の力士一同と相談の上、全員で新たな田子ノ浦部屋に移ることを決めた――という経緯があるのだ。

 2013年12月、田子ノ浦への名跡変更の発表と引っ越し作業が同時に行なわれたが、「まるで夜逃げのような作業で、先代夫人は当日まで何も知らされていなかった」(同前)というのである。

 そうした経緯があるからこそ、稀勢の里が先代を慕っていると公言しても、メディアに先代夫人は登場しないのである。

 親方の遺族が名跡証書を所有できるのは3年まで。先代夫人が「鳴戸」の名跡証書を持ち続けることはできない。結果、稀勢の里が「先代」と慕う元横綱・隆の里と同じ二所ノ関一門だがとくに縁のない琴欧洲(元大関)に名跡は渡り、現在に至っている。

※週刊ポスト2017年4月14日号