JR東日本は4日、上越新幹線に対して北陸新幹線で既に走行しているE7系新幹線車両と同一仕様の12両編成「グランクラス」付車両を2018年度から20年度までに11編成132両を順次投入すると発表した。

 20年度末までにE4系新幹線車両は、すべてE7系新幹線車両に置き換わり、上越新幹線はE7系およびE2系新幹線車両での運用になる。E7系新幹線車両は「大人の琴線に触れる洗練さと心と体のゆとり・解放感」を車両のトータルコンセプトとしている。

 「乗り心地の向上」「全座席への電源コンセント設置」「全洋式トイレに温水洗浄機能付便座を設置」「一段と向上したバリアフリー設備とセキュリティ設備」、および「安全対策」などにおいてE4系新幹線車両よりもE7系新幹線車両は優れている。