北朝鮮の労働新聞は4日、先日、韓国のソウルで開かれた「国民報告大会」で「北の核・ミサイル高度化によって最悪の安保危機が醸成されている」とする安保報告書が発表されたとしながら、これに対して「北侵戦争策動を合理化し、外部勢力と結託して同族を武力で害するための凶悪な陰謀策動の所産である」と主張する論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、「かいらい逆賊一味が持ち出した『安保報告書』というものは、われわれの強大無比の軍事的威力に恐れおののいたあまり、自分らの軍事的劣勢と脆弱性を覆うためのぼろにすぎない」と強調。

つづけて、「『安保報告書』を持ち出したかいらいの妄動は、滅亡の道へ突っ走っている連中が『安保』のうんぬんで消えていく余命を維持してみようとする単なる窮余の策である」と主張した。

さらに、「真の戦争の味がどんなものか知らない連中が『安保報告書』などを持ち出してわれわれをどうにかしてみようとのさばることこそ、この上なく愚かな醜態である」と非難した。