1

By Disney | ABC Television Group

Twitterの発言がたびたび物議をかもしているドナルド・トランプ大統領ですが、既婚者かどうかを正解率86%の高さで判断するAIにツイートを分析させると「独身」と判断されることがわかりました。

An algorithm that predicts relationship status with 86 per cent accuracy has decided President Trump is single | The Independent

http://www.independent.co.uk/news/world/americas/computer-algorithm-artificial-intelligence-donald-trump-single-bachelor-twitter-analytics-a7612226.html



トランプ大統領のツイートを分析したのは、ロシアのITMO Universityが開発したアルゴリズムで、シンガポール国立大学が機械学習を通じて訓練を行ったもの。このAIアルゴリズムは、Twitter・Instagram・Foursquareなどの投稿を分析することで、SNSアカウントの結婚ステータスを86%の正解率で的中させることが可能。投稿の長さ、よく投稿する画像の種類、チェックインした場所などのパラメーターから、アカウントのユーザーが独身か既婚かどうかを判断するとのこと。

このアルゴリズムはサンフランシスコで行われた人工知能のカンファレンスで実験のために使用され、実験ではバラク・オバマ前大統領とトランプ現大統領のSNSアカウントからデータを集めて分析が行われました。アルゴリズムはオバマ氏が既婚者であることを正しく判断したのですが、同じく既婚者であるトランプ大統領を「未婚」と判断したとのこと。開発チームは、答えを間違えてしまった理由について、「トランプ大統領のツイートが学生のように深夜遅くに頻繁に投稿されること、そしてアカウントは本人ではなく秘書によって運営されていること」と説明しています。



アルゴリズムの開発者でITMO Universityコンピューターテクノロジー学部のAndrey Filchenkov氏は、「私たちは皆、トランプ大統領のメラニア夫人を知っています。今回のケースでは、アルゴリズムは『トランプ大統領は何者か?』ということを分析したのではなく、彼のアカウントを運営していた秘書たちが結婚しているかどうかを分析していたのです」と話しています。なお、この実験は将来的なトレンドになると予測される「人間の心理的描写」をアルゴリズムで分析するために行われたとのことです。トランプ大統領のTwitterアカウントへの投稿を実際には誰が行っているのか、その人物が未婚なのか既婚なのかは不明です。