2017年春〜夏 編集部注目の横浜TOPIC

写真拡大

横浜の町で楽しめるのは景色だけにあらず! 文化の根付くこの町には、路上から劇場まで、たくさんのアートやエンタメに触れる機会が待っている。心ゆくまで横浜を楽しむためのトピックをお届け。



【画像提供:ヨコハマ大道芸】

◆迫力満点の大道芸や路上ライブに拍手喝采!


横浜の春の風物詩にもなっている、年に1度の大道芸の祭典「ヨコハマ大道芸」。4月15日と16日の土日、みなとみらいや伊勢佐木町、石川商店街など街のあちこちで、ジャグリングやアクロバット、中国雑技といったバラエティ豊かなパフォーマンスを目の前で楽しめる。翌週には、関連イベントのヨコハマ大道芸2017吉田町アート&JAZZフェスティバルも開催。青空画廊やジャズミュージシャンによる路上ライブ、ワークショップを行うので、アートも音楽もどちらも満喫できる。感動のパフォーマンスには、投げ銭の準備をお忘れなく!

ヨコハマ大道芸2017

開催日時/4月15日(土)・16日(日) 11:30〜17:30
開催時間/開催エリアによって異なる
入場無料
会場/みなとみらい21・イセザキ・モール1・2St.・石川商店街アイキャナルストリート

ヨコハマ大道芸2017 吉田町アート&JAZZフェスティバル
開催日時/4月22日(土)・23日(日) 11:30〜17:30
入場無料
会場/吉田町通り

◆海を超えてやってきたファッションに思いを馳せて

月岡芳年「風俗三十二相 遊歩がしたさう 明治年間 妻君之風俗」
1988(明治21)年 35.6×24.1cm 京都服飾文化研究財団蔵

1859年の開港によって西洋の文化を受け入れ、国内の文化を海外に送り出す発信地の役割を担ってきた横浜。そんな港町にふさわしい近・現代美術を所蔵する横浜美術館では、「ファッションとアート 麗しき東西交流」を開催。19世紀後半から20世紀前半のファッションと美術にフォーカスをあて、世界屈指の服飾コレクションを有する京都服飾文化研究財団(KCI)所蔵のドレスや服飾品をはじめ、明治期の横浜から発信された“Made in Japan”の工芸品、3メートルを超えるトレーンを引く豪華な昭憲皇太后の大礼服などを展示する。日本と西洋の装いと生活文化がお互いに歩みより、どのように新しい美を見出したのかを紹介。

ファッションとアート 麗しき東西交流

開催日時/4月15日(土)〜6月25日(日)
開館時間/10:00〜18:00(最終入館17:30)※5月17日(水)は20:30まで(最終入館20:00)
休館日/毎週木曜、5月8日(月) ※5月4日(木・祝)は開館
会場/横浜美術館(神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号)
入館料/一般(当日)1500円、(前売)1300円
アクセス/みなとみらい線「みなとみらい」駅3番出口より徒歩3分

◆荒川静香、安藤美姫、本田武史などが出演!
アイスショー『プリンスアイスワールド』


オリンピック金メダリストたちの華麗なソロ演技と、群舞はまさに圧巻! 迫力と感動のアイスショー鑑賞後は、国産牛ローストビーフやお寿司、約20種のデザートなど、様々なメニューが揃うホテルのランチブッフェを味わえる。

アイスショー『プリンスアイスワールド』

日程/2017/4/29(土・祝) 〜 2017/5/5(金・祝) ※5/1(月)、5/2(火)は休演
会場/(公演)新横浜スケートセンター (ランチ)ブッフェダイニング ケッヘル/新横浜プリンスホテル
料金/11800円(通常10000円のS席チケット+ホテルのランチブッフェ)

スケジュール/
【公演】開演11:00(開場10:00)〜13:00[予定]
→【ランチ】13:30入店〜15:00

◆美輪明宏の豪華絢爛、ロマンあふれる舞台!
三島由紀夫の戯曲『葵上・卒塔婆小町』


美輪明宏主演・演出の『葵上・卒塔婆小町』が、神奈川県民ホールで上演される。観客をぐいぐい引き込む美しきオーラ漂う美輪明宏の舞台は、みなとみらいの絶景を楽しむイタリアンランチとともに楽しんで。

三島由紀夫の戯曲『葵上・卒塔婆小町』

日程/2017/5/29(月)〜5/30(火)
会場/(ランチ)インターナショナル キュイジーヌ サブゼロ(公演)神奈川県民ホール 大ホール
料金/10800円(通常8000円のS席チケット+海に浮かぶレストランのイタリアンランチ)
スケジュール/
5/29(月)【ランチ】13:00入店〜14:00【公演】18:30 開演〜
5/30(火)【ランチ】11:30入店〜13:30【公演】14:30 開演〜

◆【OZ限定 / 連泊プラン】7/13予約まで。客室アップグレード+みなとぶらりチケット付き


おさんぽやエンタメ体験を心ゆくまで味わうなら、連泊ホテルステイがおすすめ。中でも横浜ランドマークタワーの52〜67階に位置する横浜ロイヤルパークホテルなら、2泊以上の連泊予約で、シティビュールームの料金でベイブリッジビュールームに無料アップグレードが可能。さらに、1泊あたり1人1000円割引になるお得なOZ限定プラン。
客室からは横浜港やベイブリッジ、観覧車などみなとみらいならではのきらめく夜景を楽しめる。横浜駅からベイエリアが乗り降り自由の「みなとぶらりチケット」も付いているので、お出かけの拠点にぴったり。連泊して中華街や赤レンガ倉庫など、春の横浜を満喫して。

※予約受付期間 〜 7月13日(木)20:00
※宿泊対象期間 〜 7月14日(金)



春の風を感じたら、港のそばに出かけたくなる。青い空と海と、汽笛が鳴る町・横浜。朝の光も、昼の解放感も、そして夕暮れの大人っぽい表情も。時間ごとにときめきのある、そんな町で「いい1日」、過ごしてみませんか?

WRITING/MAKI FUNABASHI