国際通貨基金(IMF)は3月31日、世界各国の政府や中央銀行が保有する外貨準備のうち中国・人民元が占める割合を初めて発表した。

写真拡大

国際通貨基金(IMF)は3月31日、世界各国の政府や中央銀行が保有する外貨準備のうち中国・人民元が占める割合を初めて発表した。人民日報が伝えた。

IMFが3カ月に一度集計する外貨準備統計によると、昨年12月末時点で、世界の外貨準備のうち人民元は845億1000万ドルと、IMFに自国の外貨準備構成を申告している国の外貨準備全体の1.07%を占めた。

IMFは昨年10月から、3カ月に一度集計する外貨準備統計のリストに人元を盛り込み、世界の外貨準備における人民元の状況を知ることができるようになった。

IMFは、「人民元が盛り込まれるようになったことは、中国が市場化改革を通して人民元の国際化を推進する努力を払っていることを反映しており、人民元による外貨準備の統計データがさらに整う。外貨準備の構成を決める点で、各国が積極的に人民元を採用するようになるかもしれない」との見方を示している。

146の国や地域がIMFに自国の外貨準備構成を申告している。IMFが公的外貨準備の通貨別構成(COFER)を示す報告書に記載されているのは、ドル、ユーロ、英国ポンド、円、スイスフラン、オーストラリアドル、カナダドル、人民元の8通貨だ。IMFは、各国や地域ごとの統計は公表していない。

中国は、金融データの透明度を向上させるために、2015年9月から自主的にIMFに自国の外貨準備構成を申告していた。(提供/人民網日本語版・編集/KN)