中国江蘇省南京市に住む男性は3月27日未明に警察署に駆け込み、「毎晩のように妻の露わな姿の写真が送られてくる」と涙ながらに助けを求めた。資料写真。

写真拡大

中国江蘇省南京市に住む男性は3月27日未明に警察署に駆け込み、「毎晩のように妻の露わな姿の写真が送られてくる」と涙ながらに助けを求めた。現代快報が伝えた。

男性によると、いたずらメールが届くようになったのは昨年末からで、突然見知らぬ番号からひわいな画像が送られてきた。いたずらだと気に留めなかったが、翌日には妻の露わな姿の写真が複数枚送られてきた。これが原因で男性は妻とけんかし、送り先をブラックリストに入れたが、同様の写真が送られてくることを止めることはできず、男性が電話番号を変えてもいたずらメールがなくなることはなかった。深夜に送られてくることが多く、男性は睡眠不足で仕事も手につかなくなり、メールにおびえる日々を過ごしていたという。

男性の相談を受け、警察はまず妻に事情を聞き、妻と男女の関係を持った男の身柄を拘束した。妻と男は2014年にネットで知り合い、何度も体の関係を持った。男はその際に写真を撮り、この写真をネタに体の関係を強要していたという。ひわいな写真を添付した脅迫まがいのメールを送ったことについては「報復」だと供述している。

警察は最終的に男に7日間の拘留処分を言い渡したが、ネット上では「脅迫罪が成立するだろ!何で7日間だけなんだ!」「妻もグルだろ。でなければ番号を変えてもメールが来るなんておかしい」と処罰が軽すぎると指摘する声や、妻も処罰するべきだとする声が多数寄せられた。(翻訳・編集/内山)