この春の媚びないピンク

写真拡大

世界のファッション発信地、NY、ロンドン、ミラノ、パリでは、つい先日までコレクションが開催されていました。以前もガーリー過ぎないピンクの着こなしをご紹介しましたが、今回のコレクションでも、まだまだ媚びないピンクの勢いは健在。

名だたるメゾンたちの最新コレクションもいいけれど、もっとリアルなファッションはストリートにあり。ということで飾らない、媚びないストリートスタイルを見てみましょう。

ひとことで「ピンク」といっても、色味や着こなしは十人十色。

ボトムスでピンクを取り入れたスタイル。

ピンクのスカートは一見ガーリーですが、スウェットと合わせることでカジュアルダウンできます。

ピアスやバングルを着けてカジュアルにしすぎないのもポイントです。

ピンクのアウターは身につけるだけでハッピーな気分に。

メンズライクなモノトーンコーデも、1枚羽織るだけで晴々しいスタイルへと早変わりします。

主役級に華やかなピンクのアウターは、シンプルなワンピースやワイドパンツ、デニムとも相性抜群。春の万能アウターとして迎え入れてみるのもいいかもしれません。

ピンクは、組み合わせ次第でかっこよく着こなせる色でもあります。

こちらは、ピンクのニーハイブーツを取り入れた攻めのファッション。

ピンクのブーツが難易度高く感じるなら、タイツで足元にピンクを取り入れるのもひとつの手です。

世界を股にかけて活躍しているインフルエンサー、キアラがファッションウィーク中の移動で着ていたのはピンクのスウェット。

機能性とファッションの楽しさを併せもったリラックススタイルなら、飛行機に乗っている間もエンジョイできそうです。

忘れてはいけないのが、私たち自身もファッションの一部だということ。髪色のピンクだって、立派な媚びないピンクです。

ピンク、そしてファッションの可能性は無限なのです。

最後に、全身ピンクのワントーン。

全身ピンクで街を歩けば目立つことは間違いないけれど、周りなんて気にせず自己流のファッションをつらぬく姿そのものが潔い。

ファッションにルールはありません。自分がハッピーなら、周りもハッピーにできるはず。誰のためでもなく、自分のためにピンクを楽しみたいものです。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

・ポジティブな朝を迎えるための、夜の新習慣 #sponsored

・素っぽいのに美人。「目と眉の間」が重要でした #sponsored

・出会いの春を迎える前の肌トラブル対策 #sponsored