写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本エイサーは4日、スマートフォンやタブレット端末から自宅にいるペットの様子を見守れるカメラ機器「PAWBO+」(パウボプラス)を発表した。同日からAmazonとAcer Direct楽天市場で予約受付を開始し、4月11日から発売する。

価格は税込29,800円だが、4月4日から4月10日まで先行予約販売キャンペーンを実施。キャンペーン期間中、AmazonかAcer Direct楽天市場店で予約すれば、10,000円引きのキャンペーン特価、19,800円(税込)で購入できる。ここでは、都内のカフェで行われた記者説明会の模様を紹介したい。

PAWBO+は、ペットとのコミュニケーションを目的にした製品。専用アプリ「Pawbo Life」(iOS、Android対応)をインストールしたスマートデバイスを操作することで、離れた場所からペットに話しかけたり、おやつをあげたり、レーザーポインターで遊んであげたりできる。最大8台の端末が同時につながり、テレビ電話のような使い方も可能だ。離れて暮らす家族とも、ペットを中心にしたコミュニケーションを図れる。サイズは約112×112×200mm、質量は約455g。ACアダプターが同梱される。

広角レンズを搭載しており、HD(1,280×720ドット)画質の写真/動画撮影に対応。撮影したデータは、シームレスにSNSへ投稿が可能だ(動画を保存するためには、DropboxまたはGoogle Driveのアカウントが必要)。マイクとスピーカーも搭載しており、ペットの声を聞くことも、こちらの声を聞かせることもできる。ユニークなのは、製品内は「おやつ」を9回分ストックしておけること。専用アプリの「おやつボタン」をタップすると、PAWBO+本体からペットのおやつが飛び出る。

さらに、内蔵のレーザーポインター「ねこじゃらしレーザー」を操作することで、留守番中のペットと遊べる。ねこじゃらしレーザーは、手動と自動で操作できる。このほか、犬猫の気を引く6種類の効果音(小鳥のさえずり、ねこ3パターン、レジ袋、ねずみ)を内蔵。効果音を使い分けることで、ペットのしつけにも活用できるという。

○ペットだけでなく夫婦の関係も改善!?

記者説明会の冒頭、日本エイサー プロダクトマーケティングマネージメント部の谷康司氏が登壇。「昼間は仕事があるので夜しか散歩に連れていけないなど、限られた時間しかペットとコミュニケーションを図れていない方にオススメしたい。都心でひとり暮らしをしており、自宅にペットがいる、そんな方にも使ってもらえたら」と話す。

ちなみに谷氏が実際に使ってみたところ、ペットと飼い主の関係だけでなく、それを取り巻く環境にも良い影響があったそうだ。「いつも犬を見るために外からスマホを操作するのですが(編注:PAWBO+の映像を外から見る)、妻と会話するほうが長いときがあるんです。まぁ、夫婦の会話が増えたのは良いことですね」(谷氏)と苦笑いしていた。

その後、日本エイサー プロダクトマーケティングマネージメント部のリン・コーディ氏、説明会の会場になったanea cafeを運営するanea design代表取締役社長の横町健氏が加わり、3人でトークセッションを行った。

自身も愛犬家という横町氏は、谷氏の「家族との関係にも影響する」という話に共感。「私も先日、仕事中にペットの様子を見るために接続したら、ちょうど娘がハンバーグを作っているところだった。その日は仕事を早く切り上げて急いで帰った」と話して笑いを誘った。横町氏は、綺麗なHD画質で映像が見られる点にも満足しているという。

壇上ではデモンストレーションも。今回、リン氏は台湾から来日していたのだが、台湾の自宅で飼っている猫とコミュニケーションを実演。リン氏が操作するスマホ画面には、台湾の自宅に設置したPAWBO+の映像と、愛猫の姿が映っている。リン氏が専用アプリを操作して、おやつを与えたり、ねこじゃらしレーザーで遊んだりと、外国にいるペットとも気軽に触れ合えることをアピールした。

デモを見ていて気が付いたのは、おやつにすぐ反応するペットの習性をうまく利用しているということ。PAWBO+では、ストックしたおやつをカメラの正面に出すので、ペットがPAWBO+から離れた場所にいるときでも、PAWBO+のカメラ前まで誘い出せるのだ。

トークセッションで横町氏は、初期設定の簡便さにも触れていた。「うちの店には、ペット好きの若い女性のお客さんもよく来られる。皆さん、仕事中にワンちゃんが何をしているか気になっている様子。PAWBO+は設定が楽なので、機械が苦手な方でも気楽に使えるはずです」と話していた。

(近藤謙太郎)